2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2017.04.27 (Thu)

3/4日記

お口の中の大工事も、早いもので3/4が終わりました。





全然早くねぇよっっ!!( TДT)


経過報告は必ずこの「早いもので」で始めることにしていたのですが、終盤に来てもどかしさが倍増しております。


前まではどんどん整頓されていって、形としては良くなる一方だったし、変化もわかりやすかったので「早いなぁ~(*´ω`*)」と感じていました。

でも今は、列的にはあと1匹なんです。
しかもちょっと後ろだからよくわかりません。

そして今直しているのは主に、たぶん全体的な位置関係(噛み合わせ)なので、息の流れをはじめとした何か…

なんだろう。

今までの「前面の変化」の対応とはまた違うなにか…対応が必要な気がしています。

気にしない方がいいとも言われますが、気にしないためにも何かを明確にしたいわけです。
わかってくれよ。


終わりが見えてきたからこそ、不安も見えてきますね。
終わっても立ち上がれなかったらどうしよう(;´д`)
最近は毎日半泣きです。


…いや。

不安は不信だ。と教わったことがあります。

立ち上がれるまで信じて頑張りますよ。
自分で希望作っていきますよ。


といってもまじ早く終わってほしいわ…( TДT)
でもほぼ終わってるので見てやってください(笑)





見たくない方のために、まずはダイジェストで!



《上》

自分から見て左側のあと1本を残すのみとなった。


《下》

下がりきっていない歯が惜しい!


《それらによって》

①上のラスト1本が動いてきたことによって舌に当たる位置が前方に変わってきた。
=邪魔。

②前と左側でかち合ったことのない歯がかち合うようになった。
= 前はスラーの邪魔。(←解決してきた)
=左側は草もすりつぶせそうな良い感じ。

③舌の居場所はできたが、タンギングするにあたって行く先に最後の歯が来てしまった。
=邪魔。



《演奏には》

①息の流れ、舌の動き、唇にあたる息の感じ、その辺がもっと素直でよくなった。(のに、素直じゃないままの部分がある。から、課題。)

②倍音が変わる(リップスラー)ことはわりとできるようになってきた。

③連発、立ち上がりのアタックがまた対応が必要になってきた。





以下、画像でます。

覚悟はいいか?











ハミガキカンタン










おさらい。



【上 1】




【上 14(1/4)】




【上 25(2/4)】




①とか意味わかんないですよね(笑)
いやーすごい…。

そして今。


【上 40(3/4)】



列的にはね。
噛み合わせ的にはまだかかる。


ちなみに正面は

【上 25(2/4)正面】



ってなってたのを

【上 40(3/4)正面】



となりました。
長さはまだ他の部分に調整が必要で、それは全57マウスピースが終わってからになります。
※最初のプランでは55マウスピースだったのですが、休工して再設計したら57マウスピースになりました。


続きまして、下!


【下 1】




【下 14(1/4)】




【下 25(2/4)】



どんな肉食動物の歯だよって感じでしたが、これなら草もすりつぶせそうですね!


そして今。


【下 40(3/4)】



矢印の歯は、マウスピース的には並んでいるのですが、実際の歯はここまで動いていません。
だからこの前この歯のサイドを削り、動く余地を与えてもらいました。

そしたら…メキメキ動いているのを感じます。


ちなみに

【下 25(2/4)正面】



からの今は

【下 40(3/4)正面】



長さが揃ったことで2/4終わった時の吹きづらさは解消しました。




最近思うのは「歯」ひとつとっても

・並び
・長さ
・位置関係(距離感)
・裏側(舌サイド)の形

によって色々あるな、ということ。

また、それらの条件に対する

・舌の位置

のなんか良いなんかがあるな、ということ。

なんも考えないでも初めて吹いた人がうまくいく、みたいな場合ってたまにありますが、それらが全て偶然ベストコンディションなんだと思います。
そういう人が本気になれば「天然の天才」となります。


もちろん「なんのためにどうしたいのか」が無いと正解が無いので迷子になります。

危うく忘れて迷子になりそうな時もありますが、その時は誰か助けてください(笑)




あと13マウスピースで終わり!!!!

条件よりも先に楽器に出会ってしまったので天然の天才にはなれませんが、目的持って動かし動いて「人工の天才」になるぞ!(笑)




↓押してみてください(笑)
22:39  |  大工事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.21 (Wed)

休工

矯正マウスピースが26段階目まで終わったところで、歯の長さを整えてもらいました。


私の矯正プランは55段階目で最後となるので、矯正マウスピースも55セット作ってありました。


でも、長さを整えたので27個目以降は使えなくなりました。


そこで、

・26段階目の歯並びで
・調整した歯の長さの、歯形

をとり、アメリカの…なんかそういうところに送り、続きのマウスピースをまた作成してもらうこととなりました。


つまり、「続き」が出来上がるまで約1ヶ月、休工となります(笑)


その間は矯正マウスピースではなく、今の歯並びが動かないようにするマウスピースをつけ続けます。


もともとそういう計画なのでご心配なく。


歯を動かすことをしないので、歯を動かすために歯の表面につけていた無数の「アタッチメント」(乾燥した米粒みたいな)というものを全部取り外しました。



もぅねぇ。
まじ最高っすよ(笑)


トゥルントゥルンやで。歯。
歯の表面が凸凹な状態でのスラーは、私には不可能でした。


先生:だいぶ吹きにくくなってきたでしょ(笑)今日で凄いすっきりすると思うよ。

しらい:(笑)じゃないですよ!(笑)ほんと気ぃ狂いますから!

先:はい、じゃあ取りますねぇ~


ほとんど相手してないんだろうなというこの感じ、私は嫌いじゃないですよ(笑)


次の瞬間、ダイアモンドでも掘削してるのかと思うようなガッコンガッコンが始まりました。



し:え!先生!まじすか!(掘削されながら)

先:大丈夫大丈夫。このくらいで歯ぁ折れないから!(掘削しながら)

し:ちょー痛いんですけど!!!だめだと思います!(掘削されながら)

先:大丈夫大丈夫。この仕事30年くらいやってるから!(掘削しながら)

し:そういう問題じゃねぇよ痛ぇよ!!help me!!!!(的な)



そんな痛みはあってもダイアモンドは採れませんでしたが、アタッチメントは取れました。


その段階で1回吹いてみる。
院内で吹く。
歯?歯茎?どこ?から血ぃ出たまま吹く。


それでも今まで生きてきた中で一番吹きやすかったです。


先:大丈夫そう?その感じね!じゃあ次は長さ調整しまーす


ほんとサックサク(笑)
手早い。


その分、痛かったり、おぇってなったりするけど…いいの。

助手みたいな人がやる範囲の処置の時は「痛くないですか?」とか聞いてくれて、無痛でいられるのですが…

そんなこといいの。


仁とかではさ、野風さんがノー麻酔で帝王切開したりしてたじゃない?

…それ考えれば無痛の域ですよ。だからいいの。


そんなことを考えているうちに長さは整いました。


また吹いてみる。
足した部分がザッラザラだ。


しらい:先生、足したとこザッラザラなんすけど、いつか磨耗してツルツルにな…

先生:(食い気味に)わかりましたー


ぐらついていた歯も、長さの調整で足した何かにより、偶然にも固定されました。



そうして一先ずの調整が終わりました。

完工した時にまた他の部分も長さ調整します。



いやーまじスッキリ。
まだ馴れないけど、今まで吹いてきた中で一番吹きやすいと思う。



今まで、音を当てるということに関しては
前後左右上下の「全方向のモグラたたき」をやっていたんだと思います。

音楽、となったときにはモグラからモグラへのハンマーさばきの美しさとか、叩く強さも問われていたんでしょうね。



でも歯並びがある程度整い、長さもある程度調整したところ「上下だけのモグラたたき」になりました。


モグラが1列に並んでくれています。
なんて叩きやすいのでしょうか。


全方向モグラのときは、なんで外したのかわからないとか、アンブシュアの繋がりが見えないとか、ここに対してどうしてそこ?みたいなことがたくさんありました。


でもそれが「この一線上のここにいる」と確信できるようになりました。

そこに行くための、距離感を掴む練習をすればいいです。
楽器におけるソルフェージュ力を養う的な。


夏の合宿で頂いた知識と疑問がすべていいように働いてくれました(笑)


まぁね、私の前の歯並びで他の人が吹いたらうまいことやるのかもしれませんが、私にはできませんでした。
だから矯正しています。



全方向モグラで鍛えたコントロール力を使えば、一切音外さない人になれるんじゃないかな…

レベルの低いことを言ってすみません(笑)


iPhoneとかでアプリを移動させるときに、アイコンがブルブルしだすやつあるじゃないですか。

今私の歯はたぶんその状態で、不安定です。

だからあんまり長時間がっつり吹くことは厳しいのですが、ものすごく光を感じました。



8月らへんから吹きづらさもマックスに達していて、ほんと頭打ち付けたい願望が強くなりました。


このダダ下がりした時期のこの完工サンプルはなかなか嬉しかったです(笑)

10月末にはまたアタッチメント付けて動かし始めるからきっとまたあれなんでしょうけど、信じて頑張れそうです。

アタッチメントの位置も変わると思うから最悪の時期よりかは吹きやすいと思うので、こちらについてもご心配なく(笑)

がんばりまーす



↓押してみてください(笑)
04:38  |  大工事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.03 (Sat)

2/4日記

お口の中の大工事も、早いもので2/4が終わりました。

下の歯に至ってはついに完工ですよ!!


ぃやったぁぁぉぁぁぁぁ!!!!


調整あるけどね!!
でも見えてきて嬉しいぜらっしゃいぃぃぃ!!



どうするどうする?
見る?
見る??


見てよぉ(笑)



見たくない方のために、まずはダイジェストで!



《上》

①前はまっすぐになった。
②抜いたところが埋まった。
③歯茎の高さが揃ってきた。
④出揃ったことで真の歯の長さが見えてきた。


《下》

①まっすぐになった。
②出揃ったことで真の歯の長さが見えてきた。


《それらによって》

①舌の置き場が無かったことを忘れた。
=前の方(然るべき位置)でタンギングができるようになった。

②前の上下が揃った。
= 唇を前に出すのに必要な筋肉が変わった。

③向かって右半分は歯が長く、上下がくっつく。
④向かって左半分は歯が短く、隙間があく。
= 息の通り道が左右で変わった。



《演奏には》

①アタック、タンギングがはっきりしてきた。
②音が揺れる。スラーが繋がらない。
※ここ1週間で立ち直りました(笑)





以下、画像でます。

覚悟はいいか?









デッパスキッパ







おさらい!

【下 1】



【下 14】



…ほどけてきましたね(笑)



そして今!!!

【下 25 (第1完工)】



綺麗なのでついにキラキラ加工がいらなくなりました(笑)

①は唇に刺さり、②は舌に刺さっていましたが今は全く当たりません。

が、②の前進が激しかったせいか、こいつがめっちゃグラグラ動いております。


大丈夫らしいのですが、念のため、下の歯だけ演奏中もこのマウスピースをはめたまま当分吹くことになりました。



【下 25 正面 (第2工事前)】



この黄色の分が短く、上の歯との兼ね合いで息の通り道になかなかの支障をきたしています。

なので、この黄色を足すということをやるそうです。



では次!上のおさらい!


【上 1】



【上 14】




…だいぶ埋まってほどけましたね(笑)

そして今!!!


【上 25】



①はもう完璧でしょう。
②はどこだったかすらもうわかりません。
あとは③です。
③は反転して生えていた歯なので、それを回転させながら然るべき場所に移動していくんだそうです。



つまり、前歯の並びとしてはもう完璧なんすよ。



以下がなかなかのストレスです。

【上 25 (正面)】



この隙間。というか長い歯。

「長さ」も影響するんすね…まじ盲点(笑)


これのせいで5月後半ぐらいから知らないうちにいろいろ苦戦を強いられていました。

まじ気ぃ狂いました(笑)

そして歯の表面にでこぼこついてんのわかりますか?

歯を動かすための引っ掛かりをつけているんです。
これが靴の中に入った小石のように痛いわけです。


痛いのは別にいいのですが、そこの血流が止まって弾力がなくなり、動かなくなってしまうことがよくないわけです。


こまめに浮かしたり休憩入れるのが大事ですね。



8月下旬はやばいぐらい不調でした。

ナノの世界で何かしらが変わり、使うべき筋肉も変わるべきなのですが、しばらく同じつもりでいたんだと思います。



ある程度までは今までと違う形で、今までと同じ吹き方(筋肉)でも大丈夫だったのですが、変化が蓄積して、
形と吹き方(筋肉)とのギャップがキャパを越えてしまったことが不調の原因だったのかなと思います。


定着を目的とした練習ではなく、観察して感じ取って変化していく練習ですね。


それが安定か。


毎日吹き方が同じであることが安定ではなく、毎日変わり続けることが安定。




最近口笛吹けないなぁと思ってたんですよね(笑)

歯が出揃ったことで、口を前に出す時に使う筋肉のバランスが変わったせいですたぶん。

左右で歯の開き具合が違うのもあります。



この2つがしばらく、私の観察力を鍛えてくれそうです(笑)



音が並ばないときというのは、しゃべりたいことがあるのに噛みまくるみたいなもどかしさ。


そういうときがこれからもまだあるでしょうけど、「しゃべりたいこと」をはち切れんばかりに増やしておこうと思います。


いやー完工したら饒舌トロンボーンだわ(笑)


本っ当に楽しみです。
何が起こるかわからないけど(笑)





↓押してみてください(笑)
02:02  |  大工事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.03.07 (Mon)

1/4日記

お口の中の大工事も、早いもので1/4が終わりました。



…このカテゴリーは全6回にしようかな。

中4回は全部この書き出しになることでしょう。
便利(笑)



どうするどうする?
写メとか載せちゃう?
カレー食べて黄ばんだやつとか載せてもいい??
いい???



…なるべく濁してキラキラさせるからさぁ(笑)



見たくない方のために、まずはダイジェストで!



《上》

①まっすぐになってきた。
②抜いたところが埋まってきた。


《下》

①まっすぐになってきた。


《それらによって》

①舌の置き場ができた。
②上下が揃ってきた。
③自動でできていたthの発音が他動になった。(できなくていい。)


《演奏には》

①タンギングの時に下の歯をよける必要が無くなった。
②タンギングの時に上の歯をよける必要が無くなった。

=余計な動きが無くなって下顎が楽になった。

=息の無理が減った。
=唇の動きに集中でき、しょうもない外し方が減った。

=恐怖が減った。



以下、画像でます。

覚悟はいいか?














大丈夫…
ちょー洗ったから。









《上のマウスピース1個目》


《上のマウスピース14個目》



まじスゴくないすか…???

②の歯のスペースがほぼ消えて埋まったっしょ?

①はいっつも舌に軽く刺さっていて、いつでもthの発音がいとも簡単にできていました。


今となっては日本人らしく、ちゃんとthに苦戦できます。


つっても自分、日本語専門なんでなんの問題もないっすけど(笑)



《下のマウスピース1個目》


《下のマウスピース14個目》



ね!!!

丸の中の右から2番目の歯なんて、歯並びに参加してませんでしたからね。


そしてこの手前に出てきている真ん中の歯も常に舌に刺さってました。

朝起きると明らかに組織死んでる色になってるときもありました(笑)



上下でよける場所が一致してればタンギングもやりやすかったと思うのですが、野生の森林、または渋谷のようになっていたので…まぁ苦戦しましたわ。


マキバオーが馬群を切り抜けるためにモンゴルの森で訓練したのがよくわかります(笑)


キラキラのせいでわかりづらくなってますが、下にいたっては全体的に前に出てきています。


上下で前後最大1.3㎝のネズミっぷりだったのですが、だいぶ出揃ってきました。




見たこと無い歯。
触れられなかった歯。



ようこそ!私の視野へ!\(^o^)/(笑)




さらに1/4進んでトータル半分終わると前歯はほぼ終わるのかな?

その後は大ボス、反転した奥歯ですね。
ここがはまれば歯並びアーチが力を持つわけです。


とりあえず前歯が落ち着くと大分安定しますね。


今は変化変化でマウスピースが次のやつになったときとか、感覚若干違います。

でもその微妙な変化もだいぶ対応できるようになってきました。


歯がここまできてなかったら吹けなかった曲、無理だった本番、ちょいちょいあります。

いやーよかった。

7月はどうなることかと思ってたけど、ほんとよかったわぁ。



あとスリークォーター、がんばるぞ!!!







↓押してみてください(笑)
20:19  |  大工事  |  トラックバック(0)  |  コメント(1)
 | HOME |