2018年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

2018.04.11 (Wed)

カナブンネタはまだ早い

私は小さい頃、一輪車に乗れていました。


小学生1年生ながら、板橋区を一輪車でブイブイいわせたものです。

今となっては、二輪に原動機までついて、プルプルいわすは船橋でございます。

また乗りたいものです…。
いえ、止めておきます。
一輪だけにこの身を任せるのは可哀想。



中学と高校では泣くほどマーチングをやりました。とても嫌いでした。

お陰さまで、片足でバランスを取るなんて余裕だし…なんかわかんないけど…なんかこう…!ほら!アツイなんかっすよ!!
なんかが自分の中にこう…!アツく…!ね!備わったんすよ!!全然わかんないけど!!またやりたいっすわ!うそっす!備わったのはほんとかもしれないけどやっぱ自分2度とやりたくねぇっすわ( TДT)できねっすわこの体じゃ!!!できる人まじ尊敬っすわ。




何が言いたいのかと言いますと、私はバランス感覚には自信があったということです。


だというのに

去年から左足でバランスを取ることができなくなっていました( TДT)

30代だからかと思っていましたが、

久しぶりにやってみたら治っていました(*´∀`)
まだ靴下を履くとかは危ないですが…


絶対噛み合わせだと思う!!!!



噛み合わせ悪い状態で無理矢理バランス感覚を養っておりましたが、噛み合わせが良くなってきてバランス感覚が崩れ、ようやく良い噛み合わせに合わせた筋力が育ってきたんだと思われます。


season3のレベル17からマウスピースの右奥が削れるようになりました。

それまでは4日ぐらいしたら左奥が穴あく寸前まで削れていましたが、ついに右が噛み合うようになってきたんだと思われます。

左右で歯の高さが違う気がする。
右が高い気がする。
今まで噛み合ってないから磨り減っていないんでしょうね。

つまり位置は良いけど噛めない。

これは最後に調整する…と思う。知らんけど(笑)


そのせいか、耳鳴りというものをするようになりました(;´д`)


なったことがなかったので、耳の中にカナブンあたりが入り込んだかと思いました。

でもカナブンの季節じゃなかったので、やっぱり心霊現象かと思いました。

でもそんなネタが私のもとに降ってくるわけがないと思い、耳鳴りだと気付きました。


このスリーステップはノンフィクションです。
とにかく慌てたということが言いたい。


歯科矯正中に耳鳴りを発症することはまぁあるらしく、終われば消えることがほとんどらしいので信じていますが、ふとした瞬間に出てきて煩わしいです。


しょうがないですね。
頭蓋骨の一部をいじってんだから。
まぁ、そんだけちゃんと動いてくれてるということで(笑)



あと5個だ!!!
歯を食い縛れ!!!!!





↓押してみてください(笑)
01:01  |  戦闘日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.27 (Tue)

階段話

最近、今、何月だかわからなくなります。

そろそろ潮時でしょうか(笑)


3月頭のこれ誰の口騒動を乗り越えて、わりと安定した日々を過ごしておりました。


歯医者へ行けば「順調ですねぇ~( ´,_ゝ`)ついにあと7個ですねぇ(*´ω`*)」とか言われるもんだから、気分的にはもう6月です。


終わったら2週間くらい俗世から離れよう。
さよならスマートフォン。
終わったらこれをやろう。
そのために準備しよう。
どういうペースでどう進めよう。
これが変わればこれも変わる。
これを買おう。いや、そんなお金はない。
いやいや、その時にはローンも終わるじゃないか…!!


…など。
胃腸炎のときの「治ったら唐揚げ」みたいなもんですね(笑)


歯のペースは一緒なのに脳内はそんな希望満々で、終わってからのことばかりでした(笑)

その希望は私に「一生できないと思っていたエチュード」や「苦手なもの」をさらう気を起こさせました。


実際、久しぶりに挑んでみると、だいぶ光の見える感じになっていました。

それもまた希望になり「もう少しさらえばできるようになるんじゃないか」と思ってどっぷりさらってしまいました(;´д`)


その題材は跳躍連発系のエチュードでしたが、だんだん「音が当たれば成功」みたいな、いわゆる不健康な吹き方になり、今日はなかなか崩れておりました。


くそ…
むかしっからそうじゃないか。
跳躍連発系は気を付けろってわっかってんのにいくつになってもまじバカ野郎( TДT)
何杯おかわりすればわかるんだこの野郎( TДT)( TДT)

忘れてたわぁ…
久しぶりに跳躍連発系を楽しんで勇んでやったからその後何が起こるか忘れてたわ。

まぁでもそこまで来たということでもありますね。


今私は、階段を一段一段登るとか駆け上がるというより、そもそもの階段一段一段を作るところをやっているんでした。


現時点の一番上の階段でじたばたしたところで次へは行けません。

数段作ってあるのに登るの忘れるときもあれば、ちゃんと作っちゃ登りしてるときもあります。


今回の調子崩れは歯のせいではなく、冷静な現状の観察が疎かになっていたからだと思われます。

でもダダ崩れする前に建て直せたと思うのでまぁ良しとしましょう(笑)

物理的な原因と、自分の原因と、見分けられるようになったかもしれません。
希望に踊らされて現実に帰ってきました。ただいま只今。



そんなことより今晩からseason3のレベル17です。

あと6個だぜらっしゃいぃぃぃぃぃ!!!!!!

気が狂うより先に終わってくれ( TДT)

いやいやいやいや、負けないぞ!!!!!!
4月と5月を丁寧に生きて頑張るぞ!!


今回のキーワード「階段」で思い出したのがこちら。



すごく頑張れば私でも弾けそうな伴奏なのにいい曲(笑)




↓押してみてください(笑)
01:31  |  戦闘日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.04 (Sun)

お茶の間出家

3日ほど、まじでした(;´д`)


じっくりロングトーンから始めて、
だましだましノータンギングの半音階へ行き、
さらにだましだましスローなリップスラーに移行。
リップスラーは2つの音から始め、最終的には2オクターブを繋げ、アタックも。

ここまでくればあとはいろんなパターンや曲をやっていくうちに、今の形と動きがチューニングされていきます。(すみません、備忘録です。あくまで私の場合)


そうして…あ!僧して、誰の口だかわからない口は私の口になりました(笑)


本日の本番はオケでクラシック、映画音楽、16小節のソロ、なかなかバッチバチなプログラムだったと思いますが、何事もなかったように…
いや、むしろだいぶ安定して演奏させて頂けました( TДT)



あーほんと間に合って良かったぁ(;´д`)

一昨日は完全アウトだったからもうほんと!ほんとに死でした。

音が並ばないことよりも、スッカスカな音で吹く虚しさは本当に耐えられません(;´д`)


仕事はあったし、頭は丸めてませんし、静かな練習だから家で吹いていましたが、なんだかとてもいろんな景色を見た気がします(笑)


本番が決まっていれば必ず!必ず!!
どんな状況になってしまっても!
どんな手を使ってでもそこには間に合わせますので!
間に合わせられるようになりましたので!!

安心して使ってケダサーイ



いやしかし、この不安定期間は本当に鍛えてくれるなぁ(笑)





↓押してみてください(笑)
22:27  |  戦闘日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.03.02 (Fri)

くつろいでる場合じゃねぇ

「小さいラッパと大きいラッパのくつろぎコンサート」をやってきました!



市の催し物でお役にたてるとはなんてありがたいことなのでしょう…

ね!!

「船橋の」原チャリ「トロンボニスト」でしよ!?



このとき、歯はseason3のレベル13。

これはもうこのままいい感じにしかならないっしょ!というくらい、はまってきておりました。

落ち着いて吹けばミスも少ないし!
本番では30分3コマをこなせました。


回収されたアンケートは「大変良かった」が、まさかの99%www
残り1%は「知らない曲があった」とかの理由で「良かった」

いやー、まだまだですが、現時点の私としては勝ったと思いました(笑)


最近は自分でも手応えありましたが、自分以外の人からもそういう反応を頂き、頑張って生きてきて良かったなと思っておりました。




…そんな安心は油断だったのでしょうか。
壁出現( TДT)

生きてく限り壁は出るでしょうけど、「大変良かった」だけに落差きつい(;´д`)


一昨日からレベル14になったのですが、前歯の上下の前後の間隔が均等になり始めていて、それはもちろんいいことなのですが…

朝起きたときには「これは誰の口だろう」という状態でした(;´д`)

口の閉じ方がよくわかりません。

ちょっとずつしか動いていないはずなのに…


…といえば髪の毛もそう。
急に切りたい長さになる。
いや、その長さに達したときに伸びたことに気付くだけ。


きっと、レベル9~13までで対応した吹き方のキャパを超えたんだと思います。

吹いた感じとしては、マウスピースを口に持っていったときになんか迷う感じ。
「え?」ってなる。

これは調子を崩したときの始まりに似ていてとても怖い。


自分なりの大成功のあとのこれだなんて、一体ほんと、どういうつもりなのでしょうか(笑)


でも、じっくりロングトーンしていけば音の揺れは無いし音質も戻るので、体の使い方と感覚のチューニングをしていけばいいんだと思います。


アタックのはまらない感じは研究せねば…。
最近アタック良かったのになぁ…。

バッキャロウゥ!!もっと良くなるに決まってるぜらっしゃいぃぃぃ!!!!!( TДT)


歯がいわゆる「良い状態」なんて今まで体験したことないのでしょうがないですね。
「良い状態ゾーン」の端の方に到達したんでしょう。

なんだろう、このかんじ…


!!!!


自転車から原チャリに乗り換えた時のあの!あの感じだ!!!!
初めて乗った原チャリで西船橋から家まで半泣きで帰ったわ!人力チャリのスピード感と違いすぎてまじ恐怖だったわ。


でも慣れれば最強。
太るほど楽。


週末の本番まで、僧のようにロングトーン尽くすぞ!!!!


この最終エリアを極めればだいぶ。だいぶ良くなるはず。
1個前まででわかった良い方向を信じます。


嵐の前の静けさじゃない!!
41キロ地点だらっしゃいいいいい!!!!
くそ!!!!負けないぞ!!!




そういえば、小さいラッパの方からこのブログについて、指摘を頂きました。

「あんまりトロンボーン触れないというコンセプトがブッレブレだけどいいの?」

うるせぇ!!!
御愛読頂きいつもありがとうだわクソ!!!




↓押してみてください(笑)
11:42  |  戦闘日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2018.02.02 (Fri)

ボキャブラリー爆増Liveの宣伝

1/21の宣伝ブログ書き損ないました(;´д`)
場合じゃなかったです(;´_ゝ`)

でも本番はうまくいきました!
ご来場いただいた皆様、応援いただいた皆様、ありがとうございました!


ここ最近を振り返らせて頂きます(笑)


矯正だけのせいではありませんが、2年半もの間、だいぶもがかせていただきました!

でもなんだか最近できることが増えてきました。
とても緊張しても、落ち着いて挑めるものがでてきました。


倍音列が変わらない中での細かい動き
ひとつの音でのダブルタンギング
warmな感じのロングトーン
短い音のアタック
スラーでの跳躍


まだ何山もありそうですし、またできなくなるかもしれませんが、この辺はようやくわりと安心して使えるボキャブラリーになってきたように感じます。
レベルの低いことを言ってすみません(笑)
今まで逆に何ができてたんだとか言わないでください(笑)



どうしたらうまくいく、というのがわかってきたので本番でアガってきても「使う」ことができるようになってきました。
本当によかった…



でも!!
複合的になったとき!!!

いわゆる「難しいやつ」の時!


vivace
口は倍音列の移動
腕は右も左も忙しく動き、
舌はダブルタンギング、
息は吐きっぱなしでたまに長い音
があってからの跳躍アターーーック!!みたいな時!


これはどうやらまだ2018年2月1日現在の自分のボキャブラリーには無いようです(*_*)

「どうする」がないから息は吐けなくなり、とりあえず何かを固めることで安定しようとし、とくに舌は固くなり、緊張ではなく危機がやってくる。

そして、そういうのは得てして見せ場やソロです。

どうやらソロそのものだけに緊張しているのではなく「どうする」が無い状態で人前にさらされる時というのが危機になるようです。



でも…!


「今できるもの」と「これからできるようになるもの」しか、自分のもとにはやってこないのです。



それがこちら!(笑)

「空のこんぺいとう楽団」Live
2018年 3月11日(日) 15:00~ 2500円



ジャズって言っていいのかな?
私の中ではジャズです。
ジャズの定義とか正直わかりません。
少なくともクラシックではないです一滴も(笑)


そんな私ですが、縁あって今回参加させて頂きます。


とにかく譜面が大変です(*_*)
休符なんてほとんどありません。
細管です。
なんかたぶん新しい技とか感覚を得る必要がありそうです。


細管でここまで少人数の目立つ状態で吹き続けることは初なので、ある意味デビュー戦です。


上の方に書いた「難しいやつ」が普通に並んでいるので、なんか普通な気がしてきます(笑)

これを乗り越えたら使えるボキャブラリーが爆増すると思われます。


これからできるようになるぞ!!!!
絶対痩せるぞ!!!!!!
くそぅ!!!!( TДT)


興味のある方はコメントか何か頂ければと思います!
がんばりまーす!



↓押してみてください(笑)
13:57  |  戦闘日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT