2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2017.06.20 (Tue)

怪獣のバラードを涙無しに聴き、鼻歌レベルに達するほどに

6/17にNJBP Live!#8を終えました。

ご来場頂いた皆様、ご来場しようと思って下さった皆様、おいでいただき大変にありがとうございました!!


今回の公演は、過去7回の中で演奏された曲の再演・リバイバル公演というものでした。



第1回
調子を崩しだしていて、何が原因なのかわからずに、とにかく力ずくでやっていました。

第2回
不調の原因がわかり、治すと決意を固めて挑んだ本番でした。

第3回
矯正にとりかかってなんとか間に合わせた回でした。

第4回(たぶん一番痩せてた回)
…どうだったかな。楽器が新しくなった回だったかな?

第5回
…あれ?こっちが新しくなった回だったっけか?(笑)初めてテナーで頑張ったやつだったっけか?

第6回
あれ?何変えたんだっけ?

第7回
この回からちゃんとブラスセクションの一員なかんじの音になってきたように思います。



…と色濃く記憶しております。
人はこれをうろ覚えと言うかもしれませんが、そんなことは知りません。


こうして毎回毎回、違う私で挑んでおります。
毎回毎回、心身共に成長させて頂いております。


今回はどうだったのか。


それについては今後の私の動向で感じ取っていただければと思います。


最近、見たくもない自分に強烈に目を向けて向き合って、今日はようやく人にさらけ出して命拾いをしたように思います。

人に何かをお願いしたり、相談することはとても苦手ですが、今日は何か1歩踏み出せた1日となりました。

怪獣のバラードを涙無しに聴けるようになる日もそう遠くはないでしょう。


別にそこまで怪獣のバラードを聴きたいわけではありませんし、歌詞もそんなに詳しくはありませんし、怪獣のバラード聴いて泣いたこともありませんが、なんかそう思います。


人はそれを雑と言うかもしれませんが、そんなことは知りません。


なぜ今回の感想をはっきり書かないかといいますと、とにかく「暑かった」が印象に残りすぎたからです。

あ!!
あれだ!!

NJBPのテーマができました!
1月にライブにお声かけ頂いた国本さんの作曲で『DAWN』(夜明け)という曲です!
大好きです。


この曲が皆さんの鼻から奏でられるほど浸透するよう、演奏しまくっていきたいです。


まとまったところで、そろそろ寝たいと思います。
人はこれを支離滅裂と言うかもしれませんが、そんなことは知りません。


明日からまた頑張るぞ!!!!




↓押してみてください(笑)
00:48  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.19 (Mon)

土下座日記(;´д`)

前回のブログで、「アイマスクとパックをくれたのは友人」と書いてしまいましたが、大間違いこの上なしでした!!!!!!



うぉおおおおおおおおお…


この差し入れを頂いて、早1ヶ月。
ご指摘を頂いてからもそのくらい。


その間私は、
膝の皿を割り、10本全ての指を突き指し、額にタコを作りながら日々土下座しかしておりません…。


それらをくだすったのは教え子のお母様でした。

いや、お母様様です。


確かに同級生の友人達は真っ当な仕事をなさっている立派な社会人です。


でも!!

でも、演奏会1発聴きに行くのにあんな大盤振る舞いな差し入れをするだなんて…

立派な社会人の懐の暖かさと深さを思い知ったように思っていました(笑)


いやー大変失礼を致しました…


ただ、前回のブログを手直しすることはなかなか大変そうですので、こちらの訂正・謝罪文でご勘弁ください…。


たまにこんなこともございますが、差し入れはなんでも喜んでおります!!


待ってるぞ!!(笑)




↓押してみてください(笑)
22:30  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.29 (Mon)

5月ダイジェスト ②5/21

7回目のけつおけ!



に乗ってきました!
四雷こと、白井です。



すごいですよね、4つの雷ですよ。
four thunders ですよ。
四季折々かな。
春の雷、夏の雷、秋の雷、冬の雷。
どれもなかなかオツですね(笑)



ふざけて見えるかもしれませんが、プログラムは

・禿げ山の一夜 / ムソルグスキー
・交響曲第5番 / チャイコフスキー
…その他

と、ガチクラシックでございました。

奏法をちょっといじり、ちょっといいかもと思い始めたところでの本番でした。

録音をまだ聴いていないのでわかりませんが、ホームランを打ったような手応えがありました。


実際に場外…いや、拍外ホームランも打ちました…ごめんなさい。


オケの中で聞こえるように明瞭に吹くというのは難しいですね。
一生できないんじゃないかと思っていましたが、今回はもしかしたらよかったかもしれません。
録音が楽しみです。


今回はトロンボーンのセカンドに教え子の高校1年生。
また、クラリネットには高校の同級生でフリーランスの奏者。

そういう感じのメンバーで、毎回緊張したり楽しんだりのリハでした!




そんなことより、聴きに来てくれた友人(タメ)がもうなんつーか、この年齢にふさわしい気遣いとか、いやー30代、あたたかいなぁと思う差し入れをくれましたww



アイマスクとパックをくれた友人は、中学も高校も違いますが、姉妹校的な中学校で、よく合同練習をしたりで知り合うようになったバストロンボーン吹きです。

さくさく日記とスタバカードをくれた友人は、中学はその姉妹校的なところで、高校で一緒になったクラリネット吹きです。


二人とも本当に、悪いところがひとつも見当たらないいい人です( TДT)

自分とは逆の人間が集まってくるんですかねww



中学の時は、お互いの定期演奏会に行き、同じように差し入れをしていました。

買えるだけの駄菓子、または百均のわけわかんないなんかをパートのメンバーと買い、

それをメッセージを書いたスーパーの袋に詰め込んで差し入れ合ってました。




それがこんな!!!!!!



こんなアラサーらしい、アラサーの良いところを凝縮したような涙でる差し入れを!!!!



この2人はもう楽器はやっていませんが、真っ当な職に就き、社会に貢献していらっしゃいます。

30代って本当に素敵だなぁ…
20代後半に出会った30代達も素敵だったので薄々感づいてはいましたが、30代は本当に素敵です。

百均のわけわかんないやつから15年。

私もちゃんと成長しているのでしょうか(笑)
ちゃんと30代にふさわしくなっているでしょうか。

謳歌するぞ!!!!





↓押してみてください(笑)
21:41  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.29 (Mon)

5月ダイジェスト ①5/14

大学の同期のフルートのリサイタル



を聴きに行きました!

彼女とは大学の帰りの西武線が一緒になることがちょいちょいありました。


いやしかし、まぁーーーよく喋る(笑)


疲れきった帰り道ですげぇ喋るから「ねぇ、お願い、喋らないでみて…!」って言ったことがあったような、無かったような(笑)


全てに感想を持っているというか、突き詰めるというか、感度の高い彼女らしいテーマのリサイタルでした。
THE 斎藤久美子でした。


リサイタルでもよく喋ってたなぁ(笑)

とてもとっつきやすい親切な空間でした。


五感、ということで、視覚(映像)聴覚(演奏)は勿論のこと、嗅覚(プログラムにアロマ?香水?なに?)、味覚(お菓子!)、触覚(プログラムの紙質と舌触りだそうです)もありました!




こんなにはっきり「五感」を自覚して使うことは無いので今まで気付きませんでしたが、
『生演奏を聴く』というだけで、五感全てとその他の何かをすごく使っているんだなと感じました。


演奏しているところを見るし、
演奏を聴くし、
聴いてる演奏からは映像も見えてくるし、
シーンによって温度も感じるし、
懐かしい匂いが鼻の中によみがえるし、
曲によっては味もなんとなく沸いてきたりもします。


いい演奏ならね(笑)
とてもいい演奏だったので五感と何か他のものがフル稼働しておりました。

あんなにピアノとよくハモるソロの演奏久しぶりに聴いたなぁ。

自分も頑張ります( TДT)
とても活力になるコンサートでした!




…だからというわけではありませんが、本当に自分も頑張ります(笑)


11月に矯正が終わったら、2018年の4月中に「32歳の本気!第1弾」としてエチュード祭りのコンサートをやろうと目論んでおります。

今度は私が、活力になるコンサートをできるよう、なんとしても2017年を戦いきって参ります!!!!
うぉおおおおおおおお!!!!!




↓押してみてください(笑)
14:31  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.01.03 (Tue)

NO消滅

消滅都市future concert、3日間5公演、無事に終了いたしました!

ご来場いただいた方、応援頂いた方、Abema TVでご覧いただいた方、ありがとうございました!


終わって年まで開けたというのに頭の中はまだ

「あーみっすべぃべーえーーぇー」
「れーっみー!そーっらー!!」
8小節の上昇音「ふぉ~ぉ~ぉ~ぉ~↑↑↑↑」
だんだん倍の細かさになる刻み「とっとっとっとっとととととととと」

…ですよ。

そして
SAK.さんの気合の入るパワフルヴォイス!
エミ・エヴァンスさんの澄み切ったウィスパーヴォイス!
LOST BOYSさんの繰り出す効果音たち。
声優さんたちの情感溢れる生演技。


ったまんねぇなっ!!


リハ含め、渋谷に4日連続で通うだなんて思ってもみませんでした。

人間たちがすげぇこっち向かってくる街・渋谷…

向かってくるな!!

そう叫びそうになるのは大自然・船橋のせい。


曲順ランダムで、ハイトーンのロングトーンが続く曲が3曲続いたり、あんまりきつくないやつだと思ったら次にやばいやつきたり。

曲順が決まっているということがどれだけ完璧な準備ができるということなのか、思い知りました。

曲順が決まってない場合の準備というのは割と極限の準備なんじゃないかと思います。

とはいえ、本番は「何が起こるかわからない」ので、いつも極限の準備をしておくべきで、今回はいつもなら使わない「パターン12」とかを使ったような気がします。頭使ったわ…


そして、いわゆるライヴというやつなので照明もがっつりです。


そうすると、照明やスクリーンが映えるため(と聞きました)にスモーク焚くんすよ…

そのスモークは息を飲むほどの美しい光彩を生むと同時に、とんでもねぇ乾燥とイガイガを我々にもたらしました。


シンガー泣かせ、のみならず、管楽器奏者泣かせ。
大げさか?いや、辛かった(笑)


リップクリームつけられればいいのですが、私はリップクリーム塗って吹けない(いや、塗って吹いたことがないからいきなりやろうと思わない)タイプなのでドラマシーンや、長い曲間のときにジェルタイプの化粧水を塗っていました。


1日だけだったら別にいいのですが、連日ともなると私には対応が必要でした。


ジェルタイプ化粧水…

大当たりだったぜらっしゃいぃぃ!!


花王さんのビオレのうるおいジェリー(とてもしっとり)ってやつです。

このために買ったわけではないです。
これ一本でOKって書いてあったんで…

吹きっぱできついし乾燥するし、「こりゃぁ唇が消滅都市だわぁ~がはははは」的なことを何万回と言いましたが、そんなこんなで消滅せずに済みました。


いやー助かったわ。


今回我々は依頼を頂いた側だったので、演奏だけに専念することができました。

舞台監督、舞台の進行、楽屋方面の進行、広報、販売、セッティング、受付、スタッフ手配、ゲスト対応、弁当、ケータリング、照明、PA、開場設営等々…

本当にたくさんの人が働いていました。

人手も潤沢で、各部署全てがプロであることがどれだけすごいことなのか。
全員が意思を持っていること。
「何のために」が共有されていること。

当たり前であることはほんとうに有り難いことだと思いました。

有り難い、です。
感謝は勿論ですが、有ることが難しいという直訳の方も実感…痛感しました。


客席は立ち上がってペンライト振って飛び跳ねて歌って、完璧にノリアゲていました。
お客さんたちも消滅都市のプロなんだなと思いました(笑)


AbemaTVの様子

一番奥なのに一番手前に見えるのがあたしです。


左から、SAK.さん→エミ・エヴァンスさん


最終日の声優の皆様と

上段左から
研究者役・新垣樽助さん
ギーク役・西村太佑さん
リサーチャー役・中恵光城さん

下段左から
あたし→ラッパ荻原和音→ラッパ高橋勇太郎


シンガーの皆様と



ブラスセクションの皆様と



演者ほぼ全員と



きつかったけど楽しかったー!今年も1年頑張るぞぉ!!





↓押してみてください(笑)
00:53  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT