2018年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

2018.01.10 (Wed)

気管支クロニクル

片腹痛し。


大殺界の置き土産により、私の気管支は年を越しても大殺界でした。

年末は針の穴から酸素を得ようと必死でした。
必死というより既に死でした(;´_ゝ`)


本番もありました。
「ハイトーンで音を伸ばしつつクレッシェンド」の時に見たことのない光を見ました。


どこかへ通じる道だったのでしょうか。
とても明るいところへ繋がっていそうでした。


原因はわかっている。
完全に舌筋トレだ。


筋トレ中は舌が前に出るため外と気管支が直結し、大勢の菌たちが元気よく飛び込んできます。


舌を前に出すと自動的に口呼吸になりました。
ダースベーダーと同じ音がしていたと思います。

…ということは菌たち的には飛び込んだというより急に吸い込まれた感じかもしれません。


難なく気管支に到着したそこらの菌たちは、居場所を見つけた喜びと感謝で舞い狂いました。
ジーザスyeah!!!!!

…菌たちの狂喜乱舞は2日で終わりました。

宴会場となった私の気管支はあたり一面焼け野原。
菌たちの死骸で埋め尽くされました。

10日間、私は咳をこらえたり止められなかったりでインナーマッスルを鍛えて頂きました。

演奏に当たっては、少ない息を効率よく使ったりもできたのかもしれない。

つまり、

気管支炎=演奏不能

ではないですね。緊急事態なだけ。

その分、いつもよりいろんな稼働率をあげれば案外演奏でも普通のフリはできました。

いや、できるようになっていました(笑)



この気管支騒動は過去に3度ありました。


【2004年・高校2年生の時】

定期演奏会直前で気管支炎でしたが「無理」に「若さ」と「部活根性」が勝って乗りきれました。
これは体調管理ができてなかったせい。



【2008か2009年・大学のおさらい会の時】

歯並び騒動①の絶不調から立ち直ってきて、よし!とても好きな曲を演奏するぞ!という時でした。

…だから気合いを入れたかったのでしょう。

疲れを取ろうと強烈な「よもぎスチームサウナ」へ行きました。
「でも唇がパリパリになったらいけないな」と思い、タオルで口を覆って鼻から熱風を吸い続けました。

…どうやら鼻腔から気管支にかけて火傷をしたらしく瀕死でした。

このとき「無理」に勝ったのは「思い入れ」と、歯並び騒動①で体得した「覚悟」でしょうか。



【2011年頃・レストランのソロ演奏】

これは仕事でした…
この時が一番ひどかったです。歩くのも声を出すことも辛いし、気管支拡張剤も効きませんでした。
当時医療ドラマを見ていたので、頭の中ではずっと「挿管してくれ…」と唱えていました。
風邪ひくだなんてとんでもないクソ野郎だと思いました。

この時は無理しても無理しても、無理できませんでした。

白目むきながら吹いたけど、ピアノの富永さんにすごい助けてもらったことだけ覚えている。



【2011~2017年11月まで】

それを教訓に細心の注意を払い、気管支炎にまではいきませんでした。



【2017年・そして今回】

普通のフリをできたのは「経験値」と「知識」のおかげたと思います。
ただ、そのあと完治するまでに時間がかかり、ありとあらゆる市販の咳止めを飲みました。

喉から来る風邪の風邪薬→腫れを鎮めるもの/咳を止めるもの→たんを除去するもの→咳を止めるもの

この順番がベストだと思います!(いや、病院行くのがベスト。いやいや、ならないのがベスト。)

市販の咳止めについて語りたい方がいらっしゃいましたらお声かけください。



【1986年・そもそも】

産まれたときに「あらぁ…この子は気管支弱そうねぇ…」と産婦人科の先生に言われていたそうです。わぁほんとだ。


【2018年・パワーアップ】

気管支は鍛えることができないので、対策するしかありません。

でも!
知識、経験値、予知、予防、なってしまったときの冷静な行動と金に糸目はつけない勇気。
これを身に付けたので鍛えられました。


…舌筋トレを鼻呼吸でやってさえいれば…!!!くそ!!!!!



ようやく気管支も大殺界抜けたけど、やっぱり片腹痛し。

NO MORE 気管支炎



↓押してみてください(笑)
00:25  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.11.06 (Mon)

長い観劇には長いブログを

高校・大学の大先輩の大富豪にお声かけ頂き、スーパー歌舞伎のワンピース観てきました!!


大先輩は急にメールをくださいました。
「6日、時間ありますか?」

なんだかわからないことに「あります!」と即答できるのは、大先輩に対して警戒心が働いていないから。

一緒に行く予定だった方が体調をとんでもなく崩されたそうで、平日の日中にぷらぷらしていそうな私に白羽の矢がたちました。

でも私は「只今ハイパー貧乏なので歌舞伎は厳しいです」と泣く泣くお答え。

すると大先輩「もともとその人をご招待するつもりだったから大丈夫」

…とのことで、とてもいい演目のとてもいい席を奢ってくださいました。




桟敷席…

いやいや、何て読むんすか(笑)

裸の王様に出てくる「馬鹿には見えない布」の要領で「愚民には読めない漢字」なのでしょうか。


正解は「さじきせき」

これが読めるようになった私は愚民卒業だ!!


それにしても桟敷席を奢るって…

私にとって大先輩は、ルフィよりルフィでした。



その席へ通じる扉…



この小さく細い扉を私は通れたのでしょうか…!?

通れました。



ブログ冬眠ダイエットで2キロ痩せていなかったら危ないところでした…。


危機を乗り越えた私にこんなおもてなし。



茶が…茶が完備されとる…

大富豪についてくると大富豪扱いをしてもらえるのか??虎の威を借るあれだ!
愚民卒業どころか大富豪に仲間入りじゃないか。

…いや。
卑下も背伸びもせず、身の丈にあった生活をします( TДT)


大先輩、以下もゴチしてくれました!



谷原章介さんがナビゲートしてくださいます!
幕間は各声優さんが喋っていたようです。

片耳につけるラジオタイプです。

私は目の前で起きていることだけに集中したいタイプなので、つけたりはずしたりしておりました。
ゴチになっているのになんて失礼な奴なのでしょうか。
でも気を使いながら観る方が演者にも大先輩にも失礼だと思ったのです。

が、ずっとつけてても一切邪魔しないタイミングでナビゲート!
基本的に、役名・役者名のみの最低限の情報。

舞台転換中などは注釈的に状況や豆知識を教えてくれて、谷原章介さんはなんて親切な方なんだろうと思いました。大丈夫、わかってますよ(笑)



そしてこちらも!
弁当まで!
ゴチになりやす!!!!




気になる中身は…



すいやせん。
写真撮る前に食べちゃいました。

でもほら、、海賊っぽい肉!!
気付いてよかった…


大先輩はこちらもご購入し、2幕でそれはもう楽しそうに生き生きと振っていらっしゃいました!



公演に楽しませてもらう・楽しまされるだけでなく、こういうのをちゃんと買って自らも楽しもうとする姿勢に感動しました。



内容にも感動しました。

中でも、以下が印象に残りました。


【台詞部門】

・エースを助けに行こうとして死にそうになったルフィの夢に出てきたチョッパーの「今度は俺に助けさせてくれよ!」的な台詞。

→私はチビッコが嫌いですが、彼はチビッコではなくチョッパーでした。

→「助けたい」「助ける」「助けてください」は聞いたことがありますが、「助けさせてくれよ」は聞いたことがありませんでした。

苦しいときに「助けさせてくれよ」という人が自分にもいるのかもしれない、という視野の広がりを感じました。


・ようやくルフィ達に助けてもらったかと思いきや…な時のエースの「ちゃんと助けてもらえなくてごめん。」的な台詞。

→なるほど。助けというのはちゃんと受け取らないといけないのか。

私は今までどれだけ凪ぎ払ってしまっただろうかと、一瞬にして猛省致しました。


【演出部門】

・たぶん観客全員そうだと思うけど、大水・火。

→もうなんなんすか(笑)
いいの??舞台で水とか火いいの??
ばっしゃんばっしゃん、いいの??
まじすごかったっす!!!

もちろんタイミングや流れあってのことで、それだけではダメですが、「大きい」「派手」というのは圧倒される感じがたまんないっすねぇ…

「小さい」「地味」もたまんないですが、それについて語るのはまたいつか(笑)

観始めた時には「こうなったら歌舞伎とは…」と考えてしまいましたが、「歌舞伎」とは「傾いている」とかから来ているらしく「普通ではない」的な意味もあるそうです。(「体験空間・歌舞伎にタッチ」にて勉強しました。)

ならこれは歌舞伎だ!
その名の通りスーパー歌舞伎でした。


・早替え。
→これは大先輩の説明が入らないと私にはわかりませんでした。
大先輩は谷原章介さんより谷原章介さんでもありました。


【人部門】

市川右團次さん(白ひげ役)がマジ半端なかったです。
マジ半端なかったです!!

なんだろう。何がどうというのは言葉に表せませんが、たぶんめっちゃ白ひげの親父だったんだと思います。

私のワンピース知識は漫画で言うと14巻ぐらいまでで、白ひげはたぶん出てきてません。

だから私には今日見た右團次さんの白ひげが白ひげです。

でももし、ワンピースファンの目で観て全然違ったとしても「こんなの白ひげじゃねぇよふざけんな!」とはならないんじゃないかな。
「全然違うけどこれこれ!!」じゃないかな。知らないけど(笑)



…と、財布とともに干からびていた私の心に潤いを与えていただきました。

いやー…がんばろう(笑)




11時から始まって15時半くらいに終わりました。
長い観劇には長いブログを。

以上、ハンムラビブログでした!

また2キロ痩せたら書きます(笑)


大先輩、様々勉強させていただきありがとうございました!
31歳なのにすいやせん!

そして真のお連れの方、私では大先輩を真にお喜ばせすることはできませんのでどうか早く健康になってください!お大事に!!






↓押してみてください(笑)
23:47  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.20 (Tue)

怪獣のバラードを涙無しに聴き、鼻歌レベルに達するほどに

6/17にNJBP Live!#8を終えました。

ご来場頂いた皆様、ご来場しようと思って下さった皆様、おいでいただき大変にありがとうございました!!


今回の公演は、過去7回の中で演奏された曲の再演・リバイバル公演というものでした。



第1回
調子を崩しだしていて、何が原因なのかわからずに、とにかく力ずくでやっていました。

第2回
不調の原因がわかり、治すと決意を固めて挑んだ本番でした。

第3回
矯正にとりかかってなんとか間に合わせた回でした。

第4回(たぶん一番痩せてた回)
…どうだったかな。楽器が新しくなった回だったかな?

第5回
…あれ?こっちが新しくなった回だったっけか?(笑)初めてテナーで頑張ったやつだったっけか?

第6回
あれ?何変えたんだっけ?

第7回
この回からちゃんとブラスセクションの一員なかんじの音になってきたように思います。



…と色濃く記憶しております。
人はこれをうろ覚えと言うかもしれませんが、そんなことは知りません。


こうして毎回毎回、違う私で挑んでおります。
毎回毎回、心身共に成長させて頂いております。


今回はどうだったのか。


それについては今後の私の動向で感じ取っていただければと思います。


最近、見たくもない自分に強烈に目を向けて向き合って、今日はようやく人にさらけ出して命拾いをしたように思います。

人に何かをお願いしたり、相談することはとても苦手ですが、今日は何か1歩踏み出せた1日となりました。

怪獣のバラードを涙無しに聴けるようになる日もそう遠くはないでしょう。


別にそこまで怪獣のバラードを聴きたいわけではありませんし、歌詞もそんなに詳しくはありませんし、怪獣のバラード聴いて泣いたこともありませんが、なんかそう思います。


人はそれを雑と言うかもしれませんが、そんなことは知りません。


なぜ今回の感想をはっきり書かないかといいますと、とにかく「暑かった」が印象に残りすぎたからです。

あ!!
あれだ!!

NJBPのテーマができました!
1月にライブにお声かけ頂いた国本さんの作曲で『DAWN』(夜明け)という曲です!
大好きです。


この曲が皆さんの鼻から奏でられるほど浸透するよう、演奏しまくっていきたいです。


まとまったところで、そろそろ寝たいと思います。
人はこれを支離滅裂と言うかもしれませんが、そんなことは知りません。


明日からまた頑張るぞ!!!!




↓押してみてください(笑)
00:48  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.06.19 (Mon)

土下座日記(;´д`)

前回のブログで、「アイマスクとパックをくれたのは友人」と書いてしまいましたが、大間違いこの上なしでした!!!!!!



うぉおおおおおおおおお…


この差し入れを頂いて、早1ヶ月。
ご指摘を頂いてからもそのくらい。


その間私は、
膝の皿を割り、10本全ての指を突き指し、額にタコを作りながら日々土下座しかしておりません…。


それらをくだすったのは教え子のお母様でした。

いや、お母様様です。


確かに同級生の友人達は真っ当な仕事をなさっている立派な社会人です。


でも!!

でも、演奏会1発聴きに行くのにあんな大盤振る舞いな差し入れをするだなんて…

立派な社会人の懐の暖かさと深さを思い知ったように思っていました(笑)


いやー大変失礼を致しました…


ただ、前回のブログを手直しすることはなかなか大変そうですので、こちらの訂正・謝罪文でご勘弁ください…。


たまにこんなこともございますが、差し入れはなんでも喜んでおります!!


待ってるぞ!!(笑)




↓押してみてください(笑)
22:30  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2017.05.29 (Mon)

5月ダイジェスト ②5/21

7回目のけつおけ!



に乗ってきました!
四雷こと、白井です。



すごいですよね、4つの雷ですよ。
four thunders ですよ。
四季折々かな。
春の雷、夏の雷、秋の雷、冬の雷。
どれもなかなかオツですね(笑)



ふざけて見えるかもしれませんが、プログラムは

・禿げ山の一夜 / ムソルグスキー
・交響曲第5番 / チャイコフスキー
…その他

と、ガチクラシックでございました。

奏法をちょっといじり、ちょっといいかもと思い始めたところでの本番でした。

録音をまだ聴いていないのでわかりませんが、ホームランを打ったような手応えがありました。


実際に場外…いや、拍外ホームランも打ちました…ごめんなさい。


オケの中で聞こえるように明瞭に吹くというのは難しいですね。
一生できないんじゃないかと思っていましたが、今回はもしかしたらよかったかもしれません。
録音が楽しみです。


今回はトロンボーンのセカンドに教え子の高校1年生。
また、クラリネットには高校の同級生でフリーランスの奏者。

そういう感じのメンバーで、毎回緊張したり楽しんだりのリハでした!




そんなことより、聴きに来てくれた友人(タメ)がもうなんつーか、この年齢にふさわしい気遣いとか、いやー30代、あたたかいなぁと思う差し入れをくれましたww



アイマスクとパックをくれた友人は、中学も高校も違いますが、姉妹校的な中学校で、よく合同練習をしたりで知り合うようになったバストロンボーン吹きです。

さくさく日記とスタバカードをくれた友人は、中学はその姉妹校的なところで、高校で一緒になったクラリネット吹きです。


二人とも本当に、悪いところがひとつも見当たらないいい人です( TДT)

自分とは逆の人間が集まってくるんですかねww



中学の時は、お互いの定期演奏会に行き、同じように差し入れをしていました。

買えるだけの駄菓子、または百均のわけわかんないなんかをパートのメンバーと買い、

それをメッセージを書いたスーパーの袋に詰め込んで差し入れ合ってました。




それがこんな!!!!!!



こんなアラサーらしい、アラサーの良いところを凝縮したような涙でる差し入れを!!!!



この2人はもう楽器はやっていませんが、真っ当な職に就き、社会に貢献していらっしゃいます。

30代って本当に素敵だなぁ…
20代後半に出会った30代達も素敵だったので薄々感づいてはいましたが、30代は本当に素敵です。

百均のわけわかんないやつから15年。

私もちゃんと成長しているのでしょうか(笑)
ちゃんと30代にふさわしくなっているでしょうか。

謳歌するぞ!!!!





↓押してみてください(笑)
21:41  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT