2014年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.06.27 (Fri)

坂の下の屋根

晴れていたから、原チャリでした。


正確に言うと、さっきまで降っていたのに出るときに止んだから日頃の行いを誇って原チャリでした。


だというのにまたですよ。
大きな坂を気持ちよく下るとこの前の贖罪みたいな雨。


今回は別に謝ることなかったので「きたぞ!!!」って思うやいなや、即行で雨宿る決心を致しました。



近くにコンビニはありません。
…というより、店も民家もありません。



あったのはだだっ広い敷地に小汚ない中古車販売の展示と寺。
…いや、墓か?
マンションタイプの墓なのか??




どうして屋根も入り口も無いところばかりなんだ。



…と思ったけど、私の目が節穴でした。

どうしても小ネタになるものばかりを探してしまうんですね。


同じく中古車販売だけど、やはり高級車、屋根完備でした!(笑)



あ、写真とった方は屋根無いっすね(笑)


ずぶ濡れで墓石背負ったでかいのがBMWの店で立ち往生っすよ。


コンビニだったら店員さんと「雨すごいですねー(。´Д⊂)」とか話しながら「雨宿りだけさしてもらうのも悪いんで」みたいな顔してコーヒーぐらい買いますよ。


もちろんここでも…



お礼として…

お邪魔しました代として…








買えるかっっ!!(*`Д´)ノ



幸い、雨が強すぎて私は店の中核にまではたどり着けなかったのですが、店員めっちゃこっち見てましたよね。


とりあえず小降りになってきたので、ライトな山登りポンチョを被り、ヒラヒラすんの危ないから裾をズボンにインして、出発準備完了。
店員さん忙しそうだったので声かけられず、その姿で一礼だけして走り去りました。




墓?の隣だったし、梅雨時に出てくる妖怪に思われていないか心配です。



…いや、本望です(笑)




明日は最初からポンチョ被っとくか(๑´ڡ`๑)
01:17  |  珍道記  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.06.24 (Tue)

そもそも脱する線無いか。

どうも。ご無沙汰致しました、しらいです。


ご無沙汰中に、いろんなことがありました。

本当です!!

書いた方がいいんでしょうね…。
イヤームリムリ、思い出せねぇよ(笑)




そんなことより、どうですか?最近。



今、私はある音源を聴きながら同時進行でブログを書く、ということをやってみています。



やっぱりさぁ、

時間ってぇ、大切なものだからぁ、
一瞬一瞬、無駄なく大切に生きていきたいじゃないですかぁ。




私が言うとキレイゴトになってしまいますが、余計な媒体、フィルター無くせばその通りですよえぇ。


他にもそういうことってありますよね!


言う側が言葉の価値を下げてしまうこと(笑)
もっと大きく見れば「世に発信する側が物・事の価値を下げる」でしょうか。

たとえば凄い高級な和紙を「この紙、デッコボコなんすよ」って言ったらなんかもう…ただそれだけ(笑)


逆に、受け取る側が価値を高める場合もあります。

使い古しの歯ブラシなんか、この話題にはもってこいのアイテムですね(笑)


「時間ってぇ…」の言葉だって、受け取る人によっては「そういえば浪費してたな…」とかなるかもしれません。
字体や語尾をちゃんとしていれば(笑)


そうやって価値を上げた側の人間が発することで、一つ一つの物事の価値がさらに上がっていくのではないかと思うのです。

さらに、価値の上がったその一つ一つの物事によって触発され、受け取る側の人間の価値も上がるのでしょう。


いろんな立場や目線がありますが、どれ1つとっても、受け取る側次第ですね。
受け取る側も発する側であるわけですから。


なんて世の中が良くなりそうな明るいグローバルトークなのでしょうか(笑)






…見事な脱線でしょ。

こんなこと書くつもりゼロでした。


さて、どの行で音源終わったでしょーか!?



…やはり私には「何かを聴きながら何かをする」ということはできませんでした。
ほんと、進まなかったもん。


この事実をどう受け止めるかで、この事実の価値が…


どーでもいい(笑)

おつかれした!
23:59  |  戒メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.17 (Tue)

脱・迷子

ちょっと前の記事の後半で、なんの抵抗もなくマウスピースをころころ変えてるという話をしましたね。






でもやっぱ、、そりゃあさぁ…








1個でできればいいよね(笑)



もちろん、1個でできないわけではないけどやりにくいんだわ。

ということで、強がっていたわけではないけど不便さを感じていました(笑)
そういえば去年の夏にもマウスピースについて考えてますね(*_*;



4月の終わりぐらいからずっとまたマウスピースについてが頭の片隅にありました。

で、なんとなく「このメーカー吹いてみよう」というのが5月終わりぐらいからずーっとあって、6月入ってからは週3で夢に出てくるようになりました。



そんなところでまさかの出会い。



そのメーカーの方とお話しする機会に恵まれ、
さらに翌日1時間、時間を作って頂け、
莫大な数のなかから選りすぐって頂き、
運命の1本を選ぶことができました!
本当に感謝していますm(__)m

初☆金メッキ



本当に人にもマウスピースにも丁寧誠実なアツい方でした(;_;)


演奏がマウスピースの良さの実証になることで恩返ししたいと本気で思います。


どこの何か、は、慣れてきて結果だした時がお役にたてるタイミングだと思うので、今は書きません( ̄ー ̄)



いやしかし、マウスピースの世界も深いですね…


メッキ、形、深さ、リム、厚さ、重さ、、、だけではない、何かいろんなもののバランスがあるのでしょうね…



もうねぇ、





わかんねぇ(笑)



去年の夏、詳しくなった気はしたけど浅はかすぎました(笑)




ミュージカルやPVもそうですね。

衣装、照明、大道具、小道具、ヘアー、メイク、カメラ、音響、編集、、


それぞれが専門家でプロで、それが妥協ではなくバランスすることでいいものになるわけです。


トロンボーン奏者1匹もそう。


吹くだけでもマウスピース、楽器、楽譜…等と、そして演奏の専門家が組み立っているんです。



人との繋がりの大切さを知るということは、
仕事を得て生活できることではなく、
成り立てるありがたさを知ることだなと今回改めて思いました。



全力でまたがんばります。
12:09  |  戒メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

2014.06.14 (Sat)

蚊ネタ2

先日、夜な夜なプラクティスミュートつけてくそまじめにスケールをさらっていたんです。



短調を終えて、
テンポ80の16分音符で長調と半音階。



これってそんなに速いわけではないのですが、トロンボーンなのでスライドはたまに大移動もあったりで、そこそこ忙しいです。


もちろん全身運動なので全体的に忙しいのですが、とくに右手は目に見えて忙しいです。
右手中心に痩せてしまうわこのやろう。



そんな血の滲むような練習を夜な夜なするのですよ…



ま、全然滲まなかったけどね!(笑)






…強いて言えば、吸われました。

強いて言えばというより、これが本題。



こんなに忙しく右手を動かしているというのに、なんと、右手の小指を刺されたのです。蚊に!



①よっぽど肝の据わった蚊だった

②蚊が止まっていられる程、私のスライドワークが遅かった

③蚊が止まっていられるくらい、私のスライドワークがスムーズだった


このいずれかでしょう。
私は③だと信じようと思います。


信じようと思う…なんて曖昧な意思なのでしょうか(笑)




いやしかし、蚊目線で考えるとかなりなアトラクションですよね・・・(;´Д`)


よく吸い続けましたよ。えぇ。



…もしや、吸いついていたの蚊?

③の理由じゃなくて、動けなかったの蚊??





Facebookにさらっと投稿したところ「指サック」という対策を教えていただいたので、検討させて頂きます。



明日は何をしているときにどこを刺されるのでしょうか。

楽しみで眠れません。
03:08  |  どーでもいい  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.11 (Wed)

こればっかりは留年が最低ライン

足だけは細いんだけどねぇ~(*´∀`)



これ、我々達の常套句です。

しかし、同志よ…

他にもいるぞ?
そういうの。




pig-148352_640.png



いつだったかなぁ…
気付いたんだか、誰かが言っていたのか、テレビで見たのか覚えていませんが…


豚や猪も、足だけは細いんすよ。


私も足はまだ大丈夫っていう安心感や、そちら側の人間でいたいという思いから、その常套句を使っていたことがあります。

しかし、それを言うということは、豚や猪と体型一緒って自ら言ってるようなもんだと気づいてしまったんですよ。


…でもね、それが言えるということは、まだ豚さんや猪さんのラインは超えていないということでもあるんすよ。




私はそろそろ、豚界から卒業して進学かな…足まで様子が((+_+))



次の常套句はなんだろう。


眉毛だけは細いんだよねぇ~
…っっって違うかッ!(笑)
(๑´ڡ`๑)テヘペロ


とかかな…

ここまではまじでいきたくない(;_;)
笑ってごまかせないよお前ってなっちゃうよ。
それかテヘペロじゃねぇよって蹴り入れられるわ…

っつーか眉毛別に細くないし┐(´д`)┌





・・・(;´Д`)



ほんとに痩せよう☆2014だわ…

☆とかいれてる場合じゃないわ…



このカテゴリが2014で終わりますように…
03:35  |  痩せよう☆2014  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.09 (Mon)

JKは、GKでした。

今日は即死レベルのミスを致しました(○_○)

でも温かく波平1本残して頂きました…


そんな私にありがたくもすぐに、贖罪の機会がやってきました。


ミスはもうしてしまって、仕方がないこと。
そのあとが大事。
むしろ信頼を掴め。


大学で勉強したことがここで役に立ちます。



帰るぞって時に、打撲じゃ済まなそうな勢いの雨が降り始めました。



この中を歩くことで贖罪になるなら喜んで歩きましょう。

1本や2本の骨折は、このときの私には屁でもありませんでした。

しかし、激しい雨の中を歩くぐらいでは贖罪にはなりませんでした…
雨の中でどうするか、で贖罪感が増します。



割と新しめの靴はぐっしゃぐしゃになりました。
これは贖罪レベル、中の上ぐらいいってるでしょう。


後ろでJK(女子高生)達が騒いでいます。

「雨ッサイコーーーーーーーゥ!!\(^o^)/♪」

ジーンケリー

うそだろ…
往年のジーン・ケリーばりにエンジョイしていました…


JK…じゃなくてGKだったのか!?
ちげぇよゴールキーパーじゃねぇよ!Gene Kellyだよ!!


雨の中、圧倒的な若さを見せつけられる…
これも贖罪レベルかなり高いっしょ(笑)


時間も時間だったので、適当に食べて帰ることにしました。
ずぶ濡れ状態で発見したラーメン屋は、贖罪中の私には温かすぎました。


知らない土地だし、何一つ気にすることなく入店。



うそだろ…
さっきのGKいるよ…
yoza、めっちゃuってるよ…


なんなんだよ…

疲れきったところでGKに遭遇するという疲れの上塗りで贖罪を終えました(笑)



もちろん、この自己満贖罪で信頼を掴んだわけではありません(*_*)
掴めたかどうかもわかりません(;_;)
いや、大丈夫、信じる。


似てる名前には気を付けましょう!!
大反省致しましたm(__)m
23:59  |  珍道記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.08 (Sun)

蚊に学ぶ

蚊って、どうして左右対称に刺してくるのでしょうか?




そうですね。


別に蚊にそういう習性があるわけではなく、人間の血流のいい感じのところがほぼ左右対称なんでしょうね。


だから刺すべきところがおのずと決まってくるわけですね。
※裏付けなし。




自然だ…
これが自然だ…




人間だったらどうでしょうか。

あの辺がいいってわかってるのに(からこそ)様々な理由であえてちょっとズレたところを刺したりするのでしょう。


良くも悪くもね(笑)


蚊にとっての自然は本能で、
人間にとっての自然は、理性…という単語だけでは表せませんね。
とにかく「そういうことを考えること、思うこと」でしょうか。

つまり、人間が本能のままに生きるというのは不自然。

でも「今は本能を選ぶ」というのなら、考え、選択しているので、それは人間でしょう。







…だというのに左目だけ刺されました。



上記の予想からさらに推測すると、

・目の周辺の血管は左右対称ではない
・私が人間ではない
・刺したのは蚊ではなく人間だった


のいずれかが考えられます。




いや…




左目が激マズだったか、蚊がそこでラストオーダー決め込んだだけでしょう(笑)



なんて独りよがりで視野の狭い考察をしてしまったのでしょうか。


左目腫れてるからしょうがない(笑)
23:59  |  どーでもいい  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.07 (Sat)

ブラームスとラスクで2本

こんなに雨が降っていて、

しょっぱいものがあって、

ビール貰ったなら、




飲めばいい(笑)




昨日書いた本番で「ワインに合うラスク」というのを頂きました。

だから思い出しちゃったんですよね、こんな時間に。



友達がFacebookにyoutubeの動画をあげていました。







美しい…


「飾る」という意味ではない言葉の扱いと発音の綺麗さ、を感じました。
そうです!フレーズ感とか音色とかいう単語じゃなくて「言葉の扱い」って感じ。


言葉遣いとも違うニュアンス。
この感覚、伝わるでしょうか?
別にいいけど(笑)


言葉の扱いが綺麗で丁寧な人って、男女問わず、なんつぅか…こぅ…いいですよね(笑)


私はピアノよく知らないし弾けないので(笑)、この楽譜を見たことがありません。

だから本当に楽譜に対して誠実なのかどうかは判断できませんし、どんな方なのかわかりませんが、言葉の扱いや発音が綺麗、というのは伝えることや伝える相手、曲に対してめちゃくちゃ誠実に感じます。




…というのを摘まみながら2時から飲み始める。

これってオシャレですよねぇ!?





ま、軽く酔っぱらってっから演奏がどうのとかよくわかんねぇけどッ!(笑)





私が動画を紹介する日が来るとは思いませんでした!

梅雨、3日が限界です…

明日あけないかなぁ…
02:27  |  痩せよう☆2014  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.05 (Thu)

雨を唄った

今日からついに!関東も梅雨入りしましたね!


ということでこの前、雨シリーズな本番をさせて頂きました!


大学の近くの高齢者施設の音楽療法の先生から毎年、ピアノの富永とお声かけ頂いて、小1時間ほぼ吹きっぱなしのコンサートをさせて頂いています(*´∀`)♪

80名近くの皆様が温かく迎えてくださいました!
楽しみにしてくださっていたのがよーくわかりました!


ありがたいことこの上なし。


今回で4回目かな?


緊張はするけど慣れてきました(^-^ゞ

プログラムはこんな感じです。




~列車シリーズ~

①A列車でいこう
②高原列車は行く


~雨シリーズ~

③あめふり(ぴっちぴっちの方)
④雨降りお月さん
⑤雨の慕情(八代亜紀さんの)
⑥雨に唄えば(あの!)


~クラシック~

⑦乙女の祈り(ピアノソロ)
⑧ロマンス(ヨルゲンセン作曲のtbオリジナル)

enc.上を向いて歩こう



このプログラム、クラシックコーナー以外、ほぼ2回ずつやります!


1回吹いて、そのあとに皆さんも歌って頂くからです。


5番まであるのは5番までやりますよ。
当たり前じゃないですか。
歌詞が違って最後までやらないと話が完結しないんだから。
えぇ…当たり前じゃないですか。








痩せてしまうわッ!(;´Д`)



いやしかし、雨の曲ってたくさんありますね!


今回は雨だけど明るい雰囲気のを集めました。


八代亜紀さんの雨の慕情は暗めですが、振りを付けて、皆さんに手を動かして頂きました。


こちら側から見るその振り付けの波は圧巻でした。


同じ「あめあめふれふれ」から始まっても全く違う様相ですね(笑)


雨に唄えばは、今回取り組むにあたり映画を見ました。



あれ、めっちゃ凄いっすね!!!!



タップダンスも凄いし、ユーモアもオシャレだしっつーかもうオシャレッ!



そして美しい…



やっぱり名作は名作ですよ。
時代も世代も国境も越えますよ。


良いものは良いんです。



今日は雨でしたが、嫌な気しませんでした(笑)




…その本番の前にリハやりますよね。


最近私はマウスピースを2個持ち歩いています。
結構極端にサイズの違うものです。


a、小さめの浅め
b、やや大きいやや深め


基本的にbを使っていますが、その日の調子や心持ち、またはプログラムのキツさで、どっちにするか決めています。


あんまりそういう人いないと思うし、そんなことしてほんとにいいの?って思われると思いますが、ソロの場合はとくに、自信もって最後まで全力でいける方を選びます。


ちょっとでも不安があるとマウスピース云々の影響じゃない音色になると思うので、私は最近思いきります。


その日は別に調子悪くなかったし、プログラムもハイトーン祭りって感じではなかったのでbでいこうと決めて楽器を組み立てました。


いざリハが始まってみると、恐怖感じるくらい吹けねぇの。



ビビって音も間違えるし間違えた音も外すから、これはもうやけ酒を飲む店でも予約するかと思って控え室へ戻りました。


さすがにそんな場合ではないので、マウスピースaでやってみようと思い、ケースを開けました。





…あれ?



なんでb…あなたがいるんすか?
私、今、あなたを吹いてるはずなんですけど。


( ; ゜Д゜)

アナタが私で、私がアナタ!?


私がホンモノのbよッ!(*`Д´)ノ!!!
いいえ私が真のbよ!!((( ̄へ ̄井)



…そんなショートコントが聞こえてきます。



そう。
私はbの吹き方で、aを吹いていたのです。


とんだうっかり野郎です。


にしてもこんなに吹けないものか…


自動でナノテクノロジー使って、吹き方変えてるんですね。




自分すげぇ(笑)




…そりゃあ吹けないですよね。


洋式と思って和式にスタンバったら大変なことになるのと一緒です。



鈍感なのか敏感なのか…



でも
自分すげぇ(笑)




本番はそのままaでいきました。

aを認識し
aの吹き方で
aを

吹きました。



信頼して攻めきる事ができ、余計なことに集中力を使う必要がなく、納得して終えることができました!


喜んでいただけたし本当に良かった…

感動して泣いてくださった方もいましたが、そんな…

こちらこそだぜチキショウ(;_q)




こういううっかり野郎は、本当はマウスピース2個も持ってちゃだめなんです。



またマウスピースの旅でしょうか…



ちょっと楽しみー(笑)



そんなこんなで、また勉強させていただきましたm(__)m
23:59  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2014.06.04 (Wed)

諺、アツい。

ん~…


以下、なんで書こうと思ったかはさておき。




「辛い」「苦しい」というのは一体なんなのでしょうか?



ここ最近不思議でしょうがなかったです。



どうやら量や時間、事柄の大きさの問題だけではなさそうです。


その範囲のものは 「キツい」とか「嫌だ」とかでしょうか。


そういう場合は休むか、何か見いだすか、辞めるかしないと解決しません。




グチって終われないほど辛いというのはきっと「~のために、こうしたい、こうなりたい」というのがある。ということだと思うのです。


大抵のことが単純だと思うのです。


「あのときこれをやってたのしかったから」
「あのとき笑ってもらえたのが嬉しくて」


そして大抵のことが自問自答を何個もしていくと、自分のためのようで人のためにつながります。


誰でもそうだと思います。

そんなことないと言う場合は、そこにいくまで自問自答できていないだけだと思います。


それが「時間や体力や仕事量などのせいで見えなくなること」が、苦しいということの根本だと思うのです。


最初はそのためにやっていたはずなのに。
なんで苦しいのか忘れることが苦しい原因というか。



だから苦しいということは、そもそも悪いことではないはずです。



では何が悪いのか、何が罪悪感を感じさせるのか。


それは、その苦しい状況に「いつづけること」がそれで、不戦だと思うのです。





「~のために、こうしたい、こうなりたい」というのを問い続けるというのが、大事ですね。


でも呪文のようにずっと頭に置いていても、忘れているということもあります。


だから言葉じゃなくて
「初心」忘れるべからず
なんでしょうね(笑)



よし。
23:59  |  戒メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |  NEXT