2016年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016.06.01 (Wed)

カウンターを用意せよ。

もう6月ですか…そうですか…。

5月、終わりましたか。



去年の5月、揺さぶられたなぁ…



いい矯正がある、すべきだ!と、歯医者の先生に言われて考え込んでました。


いやいや、矯正終わるの32歳っすよ。


おいおい。
32歳からリスタートで大丈夫なのか?
32歳…いろいろ大丈夫なのか?


決断するにあたり、
32歳についていろいろ考えたり、
32歳の人に話を聞いたり、
32歳を経験した人に話を聞いたり、

そんなことをしながら情報収集してました。


そんな中、あるきっかけでまさかの「32歳から何かを始めた偉人の話」を聞くことができました(笑)



私はこの偉人達と同じ歳から同じようにリスタートできるのか。

そして、私はまだ偉人達が偉人としてリスタートをきったその歳にすらなっていなかったのか。



そう考えたらやるしかないと思い、スッと決まりました。


それから1年後のこの6月頭。


1年間、本っ当によく戦ってきたなと思います(笑)


ただただ仕事が減らないように粛々と2年間生きるんだと思っていましたが、逆にフィールドも視野も広がって生きています。


どれだけぶち当たったでしょうか。
どれだけぶち当たるのでしょうか。


「音を出す」
ただそれだけのことが壁になるときがあります。


毎日ぶち当たってもびくともしない時もありますが、どうやら刺激を与えれば与えた分だけ何かが起きるようです。


モーツァルトを聴かせた水を顕微鏡で見ると結晶が違うように、
そんな微々たる振動を加えるだけでも変わります。


もしかしたらひびが入ります。


疲れて休んで雨が降っても、ひびがたくさん入っていれば水が入り込んで、どんどん壁は腐っていくでしょう。


そう考えると…


もしかしたら次の体当たりで、その壁は破れるかもしれない。


そして、
どんなにうちひしがれたり逃げたり休んだりしても、また体当たりを開始すれば、以前自分が作ったひびのお陰で破れる可能性がある。


だから何かを辞めるのは勿体無いんですね。


乗り越えられない壁はない、的な。おぇ…

そんなことは吐き気がするし蕁麻疹がでそうなくらい月並みなフレーズで誰もが言っているし、自分でもわりと経験しているつもりでした。


でも、この1年間でまぁー身に染みましたよ(笑)


月並みな言葉にまで成り上がるには、それだけの数多くの確信がありますね(笑)


月並み、といっても、掘り下げると「あの誰もが見たことある、あの!お月様レベル」ってことでしょ?


なめたらあかん(笑)




今日は調子がよかったのでこんなことを書いています。

明日はどうだか知りません。

もう心配すらしなくなりました(笑)


こんな6月を迎えるとは、去年の今日には想像できませんでした。


想像できないことも、できるんですね。


明日もがんばるぞぉ。




さて、「歳」「月」、全部で何回使ったでしょうか?(笑)






↓押してみてください(笑)
23:50  |  戦闘日誌  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)
 | HOME |