2016年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

2016.09.21 (Wed)

休工

矯正マウスピースが26段階目まで終わったところで、歯の長さを整えてもらいました。


私の矯正プランは55段階目で最後となるので、矯正マウスピースも55セット作ってありました。


でも、長さを整えたので27個目以降は使えなくなりました。


そこで、

・26段階目の歯並びで
・調整した歯の長さの、歯形

をとり、アメリカの…なんかそういうところに送り、続きのマウスピースをまた作成してもらうこととなりました。


つまり、「続き」が出来上がるまで約1ヶ月、休工となります(笑)


その間は矯正マウスピースではなく、今の歯並びが動かないようにするマウスピースをつけ続けます。


もともとそういう計画なのでご心配なく。


歯を動かすことをしないので、歯を動かすために歯の表面につけていた無数の「アタッチメント」(乾燥した米粒みたいな)というものを全部取り外しました。



もぅねぇ。
まじ最高っすよ(笑)


トゥルントゥルンやで。歯。
歯の表面が凸凹な状態でのスラーは、私には不可能でした。


先生:だいぶ吹きにくくなってきたでしょ(笑)今日で凄いすっきりすると思うよ。

しらい:(笑)じゃないですよ!(笑)ほんと気ぃ狂いますから!

先:はい、じゃあ取りますねぇ~


ほとんど相手してないんだろうなというこの感じ、私は嫌いじゃないですよ(笑)


次の瞬間、ダイアモンドでも掘削してるのかと思うようなガッコンガッコンが始まりました。



し:え!先生!まじすか!(掘削されながら)

先:大丈夫大丈夫。このくらいで歯ぁ折れないから!(掘削しながら)

し:ちょー痛いんですけど!!!だめだと思います!(掘削されながら)

先:大丈夫大丈夫。この仕事30年くらいやってるから!(掘削しながら)

し:そういう問題じゃねぇよ痛ぇよ!!help me!!!!(的な)



そんな痛みはあってもダイアモンドは採れませんでしたが、アタッチメントは取れました。


その段階で1回吹いてみる。
院内で吹く。
歯?歯茎?どこ?から血ぃ出たまま吹く。


それでも今まで生きてきた中で一番吹きやすかったです。


先:大丈夫そう?その感じね!じゃあ次は長さ調整しまーす


ほんとサックサク(笑)
手早い。


その分、痛かったり、おぇってなったりするけど…いいの。

助手みたいな人がやる範囲の処置の時は「痛くないですか?」とか聞いてくれて、無痛でいられるのですが…

そんなこといいの。


仁とかではさ、野風さんがノー麻酔で帝王切開したりしてたじゃない?

…それ考えれば無痛の域ですよ。だからいいの。


そんなことを考えているうちに長さは整いました。


また吹いてみる。
足した部分がザッラザラだ。


しらい:先生、足したとこザッラザラなんすけど、いつか磨耗してツルツルにな…

先生:(食い気味に)わかりましたー


ぐらついていた歯も、長さの調整で足した何かにより、偶然にも固定されました。



そうして一先ずの調整が終わりました。

完工した時にまた他の部分も長さ調整します。



いやーまじスッキリ。
まだ馴れないけど、今まで吹いてきた中で一番吹きやすいと思う。



今まで、音を当てるということに関しては
前後左右上下の「全方向のモグラたたき」をやっていたんだと思います。

音楽、となったときにはモグラからモグラへのハンマーさばきの美しさとか、叩く強さも問われていたんでしょうね。



でも歯並びがある程度整い、長さもある程度調整したところ「上下だけのモグラたたき」になりました。


モグラが1列に並んでくれています。
なんて叩きやすいのでしょうか。


全方向モグラのときは、なんで外したのかわからないとか、アンブシュアの繋がりが見えないとか、ここに対してどうしてそこ?みたいなことがたくさんありました。


でもそれが「この一線上のここにいる」と確信できるようになりました。

そこに行くための、距離感を掴む練習をすればいいです。
楽器におけるソルフェージュ力を養う的な。


夏の合宿で頂いた知識と疑問がすべていいように働いてくれました(笑)


まぁね、私の前の歯並びで他の人が吹いたらうまいことやるのかもしれませんが、私にはできませんでした。
だから矯正しています。



全方向モグラで鍛えたコントロール力を使えば、一切音外さない人になれるんじゃないかな…

レベルの低いことを言ってすみません(笑)


iPhoneとかでアプリを移動させるときに、アイコンがブルブルしだすやつあるじゃないですか。

今私の歯はたぶんその状態で、不安定です。

だからあんまり長時間がっつり吹くことは厳しいのですが、ものすごく光を感じました。



8月らへんから吹きづらさもマックスに達していて、ほんと頭打ち付けたい願望が強くなりました。


このダダ下がりした時期のこの完工サンプルはなかなか嬉しかったです(笑)

10月末にはまたアタッチメント付けて動かし始めるからきっとまたあれなんでしょうけど、信じて頑張れそうです。

アタッチメントの位置も変わると思うから最悪の時期よりかは吹きやすいと思うので、こちらについてもご心配なく(笑)

がんばりまーす



↓押してみてください(笑)
04:38  |  大工事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.11 (Sun)

深夜徘徊

夜な夜なYouTubeを徘徊していたら出てきた一番納得のいくバストロンボーン。
というかトロンボーン。

トメル・マシュコフスキーさん。
ドイツ・ベルリン交響楽団のバストロンボーン奏者。


こんなにいい演奏なのにエンドロールがクソダサい…ww


バストロといったらここ数年はこれですね。デビルワルツ。
向かって右側がひとつ目の演奏の人です。


いろんなデビルワルツを拝聴致しましたが、私はこれが一番好きでした。



マシュコフスキーさん。
ベーン!とかグェフッ!とか、ゲップと紙一重みたいなペダルトーンではなく、めちゃくちゃ効率のいい無駄のない品のあるペダルトーン。

トロンボーンどうこうを感じない。

偉そうにすいやせんね(笑)

デビルワルツももちろんすごいけど、それよりもザクセ。なんて知的!!
こういうソロ、こういう歌でありたい。
こういうバストロを目指したい。

ま、私はテナーバスですけど(笑)



これらを聴いて私はそう感じました。



…33歳ですって。
矯正終って1年でここまでいけるでしょうか(笑)


くそぅ…!!!!!!!


せめてこっちには勝ちたいぞ!!(笑)



元気が無いときに見れば一発で復活できます。

そういうことをしたいですよ。


そういう意味でも、私の中では両者共にテッペンです(笑)



トロンボーンって、本当にいい楽器ですね(笑)




↓押してみてください(笑)
02:53  |  戒メモ  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.06 (Tue)

30歳の底力

昨日、立川の高齢者施設で演奏してきました。
たぶん6年目。
ピアノの富永有里乃と二人です。

ピアノと二人ということは、主にソロなわけですよ。
45分間。
高齢者の皆さんに唄っていただく前にトロンボーンだけで演奏したりがあるので、本当に吹きっぱなしです。
本番前に司会の先生と打ち合わせしながらのリハもあり、ほぼ全通しです。

毎回きついですが、毎回やらせて頂けてよかったなと思う本番です。

以下のプログラムが大絶賛でした。


・A列車で行こう
・枯葉
・もみじ
・小さい秋
・里の秋
・ロッタの歌(トロンボーンオリジナル)
・ショパン風ワルツ?だっけ?(ピアノソロ)
・レントワルツ?だっけ?(ピアノソロ)
・テネシーワルツ
・星影のワルツ
・影を慕いて
・愛燦々
・世界は二人のために


おばぁちゃんがハイトーンで「フー!!!」言うてました。
この年代も「フー!!!」で興奮や歓喜を表すとは思っておらず、親近感というか、テンション上がればみな兄弟なんだなと思いました。

高齢者のみなさんがとてつもなく喜んでくれたのはほんとうに嬉しいのですが、後ろで聴いていたヘルパーさんたちも喜んでくれたのが嬉しかったです。

机をどかし、
80名ぐらいの施設利用者の皆さんを食堂にお連れして、
終わったらまた部屋に、
机をもとどおりにし、、、、


コンサートがあるというだけで正直めんどくせぇなという方もいるでしょう。
毎日毎日おじいさんに怒鳴られている人もいるでしょう。
そういう人たちにも聴いて頂き、一瞬でも関係ない時間にできたことも嬉しかったです。
高齢者の皆さんがいつもと全く違う表情を見るのもヘルパーの皆さんには嬉しいことのようで、本当に頑張ってよかったです。


毎回この本番は、私にとっても何かしらの変わり目であったり挑戦であったり修羅場であったりします。


前回はアダプターをとって初めての本番。

これは人生変わりました。
これがなかったら踏み切れなかったんじゃないかな。

今回も一週間前だったら完全アウトでしたね。
音ならばなかったからね。
まじでピアノソロで頑張ってもらうしかないかと思ってました(笑)

先週1日だけ参加したトロンボーン合宿で得たものでいろんな疑問が線でつながり、すべきこと、鍛えるべきところがわかり、間に合いました。
ほんとよかった。
合宿で私のスケール聴いた人はわかると思います。まじやばかったっす。
まぁ、二日酔いというのも4割あったけど(笑)

30歳の底力ですよ。

20歳は4か月。
29歳は2週間。
30歳は10日。

どんなに吹けなくなっても、わかれば2週間で絶対に復活できます(笑)

危機からの復活がなぜ早まっているかというと、周りに助けてくれる人や、知識、情報が増えたということだと思います。
私の力で早くなっているわけではない(笑)


またこの本番から自信と、確信を得ました。

関係者の皆様、ありがとうございました!





↓押してみてください(笑)
04:48  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

2016.09.03 (Sat)

2/4日記

お口の中の大工事も、早いもので2/4が終わりました。

下の歯に至ってはついに完工ですよ!!


ぃやったぁぁぉぁぁぁぁ!!!!


調整あるけどね!!
でも見えてきて嬉しいぜらっしゃいぃぃぃ!!



どうするどうする?
見る?
見る??


見てよぉ(笑)



見たくない方のために、まずはダイジェストで!



《上》

①前はまっすぐになった。
②抜いたところが埋まった。
③歯茎の高さが揃ってきた。
④出揃ったことで真の歯の長さが見えてきた。


《下》

①まっすぐになった。
②出揃ったことで真の歯の長さが見えてきた。


《それらによって》

①舌の置き場が無かったことを忘れた。
=前の方(然るべき位置)でタンギングができるようになった。

②前の上下が揃った。
= 唇を前に出すのに必要な筋肉が変わった。

③向かって右半分は歯が長く、上下がくっつく。
④向かって左半分は歯が短く、隙間があく。
= 息の通り道が左右で変わった。



《演奏には》

①アタック、タンギングがはっきりしてきた。
②音が揺れる。スラーが繋がらない。
※ここ1週間で立ち直りました(笑)





以下、画像でます。

覚悟はいいか?









デッパスキッパ







おさらい!

【下 1】



【下 14】



…ほどけてきましたね(笑)



そして今!!!

【下 25 (第1完工)】



綺麗なのでついにキラキラ加工がいらなくなりました(笑)

①は唇に刺さり、②は舌に刺さっていましたが今は全く当たりません。

が、②の前進が激しかったせいか、こいつがめっちゃグラグラ動いております。


大丈夫らしいのですが、念のため、下の歯だけ演奏中もこのマウスピースをはめたまま当分吹くことになりました。



【下 25 正面 (第2工事前)】



この黄色の分が短く、上の歯との兼ね合いで息の通り道になかなかの支障をきたしています。

なので、この黄色を足すということをやるそうです。



では次!上のおさらい!


【上 1】



【上 14】




…だいぶ埋まってほどけましたね(笑)

そして今!!!


【上 25】



①はもう完璧でしょう。
②はどこだったかすらもうわかりません。
あとは③です。
③は反転して生えていた歯なので、それを回転させながら然るべき場所に移動していくんだそうです。



つまり、前歯の並びとしてはもう完璧なんすよ。



以下がなかなかのストレスです。

【上 25 (正面)】



この隙間。というか長い歯。

「長さ」も影響するんすね…まじ盲点(笑)


これのせいで5月後半ぐらいから知らないうちにいろいろ苦戦を強いられていました。

まじ気ぃ狂いました(笑)

そして歯の表面にでこぼこついてんのわかりますか?

歯を動かすための引っ掛かりをつけているんです。
これが靴の中に入った小石のように痛いわけです。


痛いのは別にいいのですが、そこの血流が止まって弾力がなくなり、動かなくなってしまうことがよくないわけです。


こまめに浮かしたり休憩入れるのが大事ですね。



8月下旬はやばいぐらい不調でした。

ナノの世界で何かしらが変わり、使うべき筋肉も変わるべきなのですが、しばらく同じつもりでいたんだと思います。



ある程度までは今までと違う形で、今までと同じ吹き方(筋肉)でも大丈夫だったのですが、変化が蓄積して、
形と吹き方(筋肉)とのギャップがキャパを越えてしまったことが不調の原因だったのかなと思います。


定着を目的とした練習ではなく、観察して感じ取って変化していく練習ですね。


それが安定か。


毎日吹き方が同じであることが安定ではなく、毎日変わり続けることが安定。




最近口笛吹けないなぁと思ってたんですよね(笑)

歯が出揃ったことで、口を前に出す時に使う筋肉のバランスが変わったせいですたぶん。

左右で歯の開き具合が違うのもあります。



この2つがしばらく、私の観察力を鍛えてくれそうです(笑)



音が並ばないときというのは、しゃべりたいことがあるのに噛みまくるみたいなもどかしさ。


そういうときがこれからもまだあるでしょうけど、「しゃべりたいこと」をはち切れんばかりに増やしておこうと思います。


いやー完工したら饒舌トロンボーンだわ(笑)


本っ当に楽しみです。
何が起こるかわからないけど(笑)





↓押してみてください(笑)
02:02  |  大工事  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)
 | HOME |