2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2014.07.26 (Sat)

息と私の道。㊤ ~あらすじと、次回予告~

久しぶりにまじめに。


ブレスについての考察や疑問を…








書かねぇよ!!!!(笑)



もうね、その辺のことはわかりやすくその道の凄い人が書いていますよ(。´Д⊂)


なので私は、最近はからずも参加したアレルギー祭での1コマを書こうと思います(*´∀`)♪


いつかよっぽど書き起こしたくなったらブレスについても書くかもしれないし…ん~どうでしょう(笑)








1月の珍事から早半年。

あれからなんとなくずーっと咳っぽいし、痰も絡まるし、風邪ひきやすくなるし、いつもじじぃみたいな咳払いをするようになっていました。

あたかもそれがデフォであるかのように定着してしまったので、放置していました。



そう。
ただじじぃみたいなだけで、生活にも演奏にもほとんど影響なかったので、だましだまし生きながらえてしまったわけです。


しかし、ある日突然、生活に支障がでたのです。


八王子ちょい手前から新宿にたどり着いた瞬間、気道がヒュッと冷たくなり、狭くなったのがわかりました。


咳と涙が止まりません。
これはもう、ただのじじぃではありません。


末期の翁です。


毒ガスでもまかれたのかと思い、この苦しみを共有しようとあたりを見回しても、気持ちよさそうな酔っ払いや、きゃっきゃしている若者しか見当たりません。


口開けて爆睡している間に何者かがピンポイントで吹きつけたのか?
それともアレルギーか?
新宿アレルギー…いやいや、どこの田舎もんすか(笑)
曲がりなりにも船橋っすよ?


さすがニッポンのド真ん中・新宿…
降参です。負けましたよ…


一気に息苦しくなり、次の予定を諦めました。


新宿から離れていれば大丈夫かと思いきや、船橋にいてもその気管支のヒヤッと感と収縮感が出てきました。

市販の気管支拡張剤兼咳止め兼睡眠薬はもう切れてしまい、そんなら病院に行った方が安いだろうと、今回は「呼吸器科」というところへ行ってまいりました。



そこでは私の凄さ、残念さ、弱さ、強さが浮き彫りになり、
安心と絶望と貧乏を購入。


どちらかというと安達祐実似のサッバサバな先生によって鳴らされましたよ…


軽度の喘息開始のゴングがね!!(笑)







息と私の道㊦では、その内訳、その後と今後、注意喚起などとなりそうです。


長くなるとあれなので、上下に分けました。




このブログももうすぐ1周年!!
アニバーサリーセレブレイトということで、せめて8月頭まで毎日書こう(*_*;
23:59  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://firairai100.blog.fc2.com/tb.php/199-ed313c68

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |