2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2014.12.22 (Mon)

Noplan is plan!ばい!

とくに名所をめぐることは考えていません。
入った一蘭総本店は、渋谷立川と同じ一蘭でした。


私のやりたいことは「とにかく歩き回ること」でした。


お陰で天神~中洲川端~呉服町~祇園~博多、海の方は道案内できます。


どこにいても地元感が出てしまうのはこのせいで、早速その実力を試される時が来ました。


老夫婦に話しかけられる。

「福岡アジア美術館はどこですか?」
「この道真っ直ぐ、右側にあります!」と左を指しながら言ってしまいました。


老婦人、すかさずつっこむ。

「左ですね!?」
「あ、すみません、そうです」



名所を見ることも大事だと思うのですが、どんな町でどんな人がどんな言葉を話すのか、どうしてそういう感覚が育つのか。


私の興味はそこに集中しています。
要は「観察」をしたいのです。


なので(っつーか雨降りだしたから)ありふれたミスドに入りました。


隣の女子大生が博多弁全開で、今回のぶらり徒歩で一番の収穫となりました。


「みんな集まれんとかいね。」

「~とかいね。」

!!!!

こっっれは温かいですねぇ…。おっ!てなりますね。


そして私が最高に「来てよかった!」と思えたフレーズがこちら!


「吉田達、ごたっとっとったい!


ごたっとっとったい、は、譜例①です。
ラテンか!(笑)

譜例


聞こえた範囲の文脈から「ごたごたと揉めている」という意味合いと思われます。


また、大学の後輩は譜例②のリズムに「なにしとっとー!?」を乗せて、よく言っていました。


あ、連絡取ればよかった(*_*;


でも途中からお腹いたくなっちゃったし、リーゲー先輩にはなりたくなかったからしょうがない。
もうよく見たので今度は観察じゃなくて遊びに来ます(笑)


「~ばい」を拾えなかったのが唯一悔やまれる…


一瞬兵庫に住んでいたこともあり、関西弁は感覚がありますが、博多弁は千葉ではまず聞かないので、聞こえると感動してしまいます。
イントネーション難しいし、うっかりエセ博多弁が出てしまうことはなさそうです(笑)


次回来るときはエセ博多弁出るほどどっぷりからみたいと思います!(*´∀`)♪


ホテルはとにかく静かにしてくださいというホテルで、めっちゃ静かで落ち着きました。

お土産屋さんの凄く良い博多婦人にそりゃあもう絡まれて、めんべい掴まされまくって空港でエンジョイしました。


2日間、たのしかったー!
明日からは人の輪の中に帰ろう!



ということで、千葉に帰るばい!!(๑´ڡ`๑)



↓押してみてください(笑)
19:21  |  珍道記  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://firairai100.blog.fc2.com/tb.php/247-b274911e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |