2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2015.06.30 (Tue)

カメハメ波とは(金欠日誌①)

6月の話。
三國志にちなんだ曲をやるにあたり、ノー知識では何もできないので勉強しようと思い立ちました。


でもさぁ、
本だと30巻ぐらいまであるんでしょ?



ムリムリムリムリッ!!
5~6年かかるわ!!(笑)



あれ?8巻まで?
30巻は漫画か?



どっちにしてももうあまり時間はありませんでした。

なので映像で受動的にいこうと思いました。




三國志…まじなんなんだっけ?
孫悟空とかでてくるやつだっけ?
じゃあ…ドラゴンボールZか?


…あれ西遊記か(笑)

いやしかし、猿とか豚はわかるけど、架空の生物である河童までもが、しかも擬人化されているだなんてもう奇跡的な発想力ですよね。


桃太郎とは違う話でしたっけ?
これはinジャパンか。


こういう発想があったからこそ、今のふなっしーやぐでたまがあるわけですよたぶん。

知らないうちに歴史や古典に影響されています。


先人の皆々様の御仕事に感謝致します。


我々も未来の人類に役立つ仕事をしたいものです。
とはいえ、先人達はそんなこと思って生きていたわけではないでしょうね。
そういう人もいるかもしれないけど(笑)


そうだ。
三國志だった。
これも学ぶといろんなアレがこう…、、ね!


どうやらレッド・クリフが三國志の映画らしい。

2時間半で前後編があり、計5時間。
何十年の話をたった5時間で見せてもらえるだなんでほんと助かる。


しかもTSUTAYAさんで500円ぐらいでした。


でもさ、5時間で全部やってくれるわけなかです。


私は諸葛孔明が危なくなってきたあたりを知りたかったのですが、彼、赤壁の戦いあたりはまだピンピンしてましたよ。


後半入っても元気だったから怪しいと思ったんですよね。
睡眠削って5時間たって、歯を食い縛りました。


目的と違う部分で若干がっかりしましたが、すごく面白かったです。


元気な頃の諸葛孔明を知り、そりゃあ惜しまれるよねと理解できました。


そんな充実した気持ちで無事本番を終えました。


地元のTSUTAYAさんではなく、毎週行くところのTSUTAYAさんで借りたのですが、その週はたまたま行かなくなってしまい…
DVD借りてた事もすっかり忘れ、返しにわざわざ行くこともなく…



…TSUTAYA延滞1週間2本。

延滞料4536円。

500円からの約10倍。




リアル・10べぇカメハメ波により即死。

カメハメ波を支払いと解かせて頂きました。
お後がよろしいですね(笑)





↓押してみてください(笑)
23:35  |  どーでもいい  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)

Comment

三国志をざっくりと、ならば

三国志で、孔明が元気→晩年で宰相やっている辺りをざっくり、と言うのなら、主人公は違いますが、良い漫画が有りますよ。
http://www.amazon.co.jp/%E6%BC%A2%E6%99%8B%E6%98%A5%E7%A7%8B%E5%8F%B8%E9%A6%AC%E4%BB%B2%E9%81%94%E4%BC%9D%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97-%E3%81%97%E3%81%B0%E3%81%A1%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%95%E3%82%93-1-%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0KC-%E6%9C%AB%E5%BC%98/dp/4063523845
5巻で終わりますし、史実にのっとりつつギャグテイストにしているので読みやすく、疲れにくいかも。
通りすがりです。 |  2015.07.01(水) 16:46 | URL |  【編集】

通りすがりです。様

コメントと情報を頂きありがとうございます!(ノ´∀`*)

1円という価格破壊だったのでまず1巻を購入致しました!(笑)
三國志だけでなく、笑いも勉強させて頂けるようなので届くのが楽しみです!

是非またいらしてください!♪ヽ(´▽`)/
ふぃらい |  2015.07.02(木) 22:43 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://firairai100.blog.fc2.com/tb.php/288-c25951b2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |