2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2016.08.21 (Sun)

飛ぶな

台風一過の朝は、羽根に水を含んだ蝉がその重さに敗北しているところを幾度となく目に致しました。
また、風で飛ばされたのか、翌1日は、ほぼほぼ遭遇致しませんでした。


この安心感は久しぶりです。

ありがとう。台風。


…そうか。
水攻めか。
携帯できて、すぐに対応できるといえば水鉄砲か。


…いや、
確実に撃ち落とす技術と羞恥心を捨てることが必須なので得策とは言えませんね。


無限に湧いて出てくる敵をいちいち封じるよりも、封じなくても息ができるように自分が変わることが得策と思われます。





何が怖いのか、何が気持ち悪く感じるのか、ちょっとわかってきた部分があります。

・あの大きさで
・無作為に
・目の高さ
・または、そのちょっと上を
・飛んでくるところ

ですよね。

なんて気持ち悪いのでしょうか。

でも、絶滅を願ったり、そんなことは致しませんよ。
木ごと全部燃やそうだなんて、そんな猟奇的なこと思っていませんよ。

飛ぶからいけないよ。
蝉よりもゴキブリのが数億倍マシだと思っているのですが、ゴキブリも飛ばれちゃうと蝉に同じです。
そういえば矢とか、そういう先端系も。
飛んでくるもの怖い。トブコワイトブコワイ…


さて、どう変わりましょうか。


あの大きさを克服するには自分が今の倍ぐらいの大きさになればいいでしょうか。
そうすれば蝉はハエくらいに感じられるでしょうか。


無作為には無作為を。
これはつまり超絶作為的、ということになるので、あらゆる格闘技を学んだほうがよさそうだ。
合気道とかかな。


目の高さ、または、そのちょっと上
この前襲撃された時これは克服いたしました!!!
しゃがめば大丈夫。
懸念としては、力尽きて落ちてくること…
まだまだ改善の余地ありそうな対策です。


飛んでくる
羽根をもg…もy…水で…



…だめだ。

今年の夏も、まだまだビビらねばならなそうです。

いくつになったら快適な夏は訪れるのでしょうか。

待ち遠しくて、眠れません。





↓押してみてください(笑)
01:12  |  どーでもいい  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://firairai100.blog.fc2.com/tb.php/368-42a27211

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |