2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

2016.09.06 (Tue)

30歳の底力

昨日、立川の高齢者施設で演奏してきました。
たぶん6年目。
ピアノの富永有里乃と二人です。

ピアノと二人ということは、主にソロなわけですよ。
45分間。
高齢者の皆さんに唄っていただく前にトロンボーンだけで演奏したりがあるので、本当に吹きっぱなしです。
本番前に司会の先生と打ち合わせしながらのリハもあり、ほぼ全通しです。

毎回きついですが、毎回やらせて頂けてよかったなと思う本番です。

以下のプログラムが大絶賛でした。


・A列車で行こう
・枯葉
・もみじ
・小さい秋
・里の秋
・ロッタの歌(トロンボーンオリジナル)
・ショパン風ワルツ?だっけ?(ピアノソロ)
・レントワルツ?だっけ?(ピアノソロ)
・テネシーワルツ
・星影のワルツ
・影を慕いて
・愛燦々
・世界は二人のために


おばぁちゃんがハイトーンで「フー!!!」言うてました。
この年代も「フー!!!」で興奮や歓喜を表すとは思っておらず、親近感というか、テンション上がればみな兄弟なんだなと思いました。

高齢者のみなさんがとてつもなく喜んでくれたのはほんとうに嬉しいのですが、後ろで聴いていたヘルパーさんたちも喜んでくれたのが嬉しかったです。

机をどかし、
80名ぐらいの施設利用者の皆さんを食堂にお連れして、
終わったらまた部屋に、
机をもとどおりにし、、、、


コンサートがあるというだけで正直めんどくせぇなという方もいるでしょう。
毎日毎日おじいさんに怒鳴られている人もいるでしょう。
そういう人たちにも聴いて頂き、一瞬でも関係ない時間にできたことも嬉しかったです。
高齢者の皆さんがいつもと全く違う表情を見るのもヘルパーの皆さんには嬉しいことのようで、本当に頑張ってよかったです。


毎回この本番は、私にとっても何かしらの変わり目であったり挑戦であったり修羅場であったりします。


前回はアダプターをとって初めての本番。

これは人生変わりました。
これがなかったら踏み切れなかったんじゃないかな。

今回も一週間前だったら完全アウトでしたね。
音ならばなかったからね。
まじでピアノソロで頑張ってもらうしかないかと思ってました(笑)

先週1日だけ参加したトロンボーン合宿で得たものでいろんな疑問が線でつながり、すべきこと、鍛えるべきところがわかり、間に合いました。
ほんとよかった。
合宿で私のスケール聴いた人はわかると思います。まじやばかったっす。
まぁ、二日酔いというのも4割あったけど(笑)

30歳の底力ですよ。

20歳は4か月。
29歳は2週間。
30歳は10日。

どんなに吹けなくなっても、わかれば2週間で絶対に復活できます(笑)

危機からの復活がなぜ早まっているかというと、周りに助けてくれる人や、知識、情報が増えたということだと思います。
私の力で早くなっているわけではない(笑)


またこの本番から自信と、確信を得ました。

関係者の皆様、ありがとうございました!





↓押してみてください(笑)
04:48  |  事後報告  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://firairai100.blog.fc2.com/tb.php/371-604ae27d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |